仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

日本には金融庁登録が完了した仮想通貨取引所が15社程あります。基本、法定通貨と仮想通貨の交換や仮想通貨同士の交換などの仲介を手掛けているわけですが、中には1社しか提供していない独自サービスを提供している場合もあります。今回はそんなサービスを紹介します。

目次

  • bitbank.cc「仮想通貨を貸して増やす」
  • Zaif「コイン積立」
  • DMM Bitcoin「アルトコインのレバレッジ取引」
  • bitFlyer「ビットコインをもらう」

bitbank.cc「仮想通貨を貸して増やす」

これまでコインチェックのみが提供していた貸仮想通貨に近いサービスです。ビットバンクと利用者が仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大5%の料率を乗じた仮想通貨を、利用料として1年後に受け取ることができるサービスになります。当初はビットコインのみを貸し出すことができますが、その他の仮想通貨の貸し出しについても、順次対応を行っていく予定です。

利用料率(税込)/年 BTC数量
3%:1<= X < 5
4%:5<= X < 10
5%:10 <= X
1BTC~5BTCの場合3%、5BTC~10BTCの場合4%、10BTC以上の場合5%の利率

bitbank.ccの詳細はこちら

Zaif「コイン積立」

コイン積立は、仮想通貨を毎月積立てて投資できるサービスです。1日毎に指定の仮想通貨を買い付け、積み立てを行っていきます。買い付けは自動的に行われ、買い付けのタイミングを計ったり取引所の注文を管理したりという手間は一切かかりません。積立可能な仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、NEM、モナコインの4種類。積立額は毎月1000円から設定が可能です。仮想通貨は価格変動が激しいですが、積立投資は価格変動を吸収してくれるため、比較的ローリスクな運用が可能となります。

Zaifの詳細はこちら

DMM Bitcoin「アルトコインのレバレッジ取引」

レバレッジ取引は通常、ビットコインのみ、あるいはビットコインとイーサリアムといった取引所が多いですが、DMM Bitcoinはビットコインとイーサリアムに加え、XRP(リップル)、NEM、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュのレバレッジ取引ができます。日本円とビットコインに加えて、一部通貨はイーサリアム建てで取引することも可能です。
DMM Bitcoinの詳細はこちら

bitFlyer「ビットコインをもらう」

ビットコインをもらうは、bitFlyerが提携するさまざまなサービスを利用することで、ビットコインを受け取ることができます。さまざまなサービスとは、クレジットカード発行、ECサイトでの商品購入、ホテル予約サイトの利用などです。こうしたサービスを利用する機会がある際は、bitFlyer経由で利用するとお得感があります。

bitFlyerの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧