ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨取引所のGMOコインが、「貸仮想通貨」サービスの取扱を開始しました。貸仮想通貨サービスとは、利用者が保有している仮想通貨をGMOコインに貸し出すことで、貸し出した仮想通貨の数量に応じた貸借料を受け取れるサービスです。

目次

  • GMOコインが「貸仮想通貨」サービスを開始
  • 「貸仮想通貨」サービスの概要
  • 貸仮想通貨サービスを提供する事業者が増加

GMOコインが「貸仮想通貨」サービスを開始

仮想通貨取引所のGMOコインが、「貸仮想通貨」サービスの取扱を開始しました。貸仮想通貨サービスとは、利用者が保有している仮想通貨をGMOコインに貸し出すことで、貸し出した仮想通貨の数量に応じた貸借料を受け取れるサービスです。

「貸仮想通貨」サービスの概要

GMOコインの貸仮想通貨サービスは、月ごとに募集をしサービスを提供するようです。2018年4月度の募集は、2018年4月11日〜2018年5月2日までとなっており、募集上限以上のお申込があった場合は抽選となります。対象通貨はビットコイン(BTC)のみで申込単位は10BTC、最小申込数量は10BTC、最大申込単位は100BTCとなります。今後どうなるかはわかりませんが、10BTC以上ですので大口顧客が対象となります。

申込の流れ

1. GMOコインの各種サービス規約( https://coin.z.com/jp/corp/policy/ )を確認。

2. GMOコインお問い合わせフォーム( https://support.coin.z.com/hc/ja/requests/new )より、下記の通り情報入力のうえ、お申込。

———-

件名:
「貸仮想通貨の応募」と記入。

説明:
下記の4項目を記入。なお、GMOコイン口座に登録している情報と合致しているよう、注意。
– 氏名
– 住所
– 生年月日
– 貸出を希望する数量(10BTC単位)

お問い合わせの種類:
「貸仮想通貨」を選択。

ご利用の端末・OS:
「その他」を選択。

ご利用のブラウザ:
「その他」を選択。

3. GMOコインにて精査後、当選または落選の結果、および貸出の手順を案内(2018年5月上旬予定)。

その他事項

・満期
90日間

・引き落とし
利用者のGMOコイン口座におけるBTC残高からの引き落とし

・仮想通貨の返還
決済日にGMOコインが利用者より借り入れた対象通貨と同種、同等、同量の仮想通貨を、利用者口座に送付する方法で返還。

・貸借料
10BTCにつき、0.12328767BTC
5%/年(税込)に相当(1Satoshi未満は切り捨て)

貸仮想通貨サービスを提供する事業者が増加

少し前まで貸仮想通貨サービスは、コインチェックしか提供していませんでしたが、bitbank.ccが提供を開始し、GMOコインも開始しました。それだけニーズの高いサービスなのでしょう。仮想通貨を長期保有している方は、選択肢の一つとして検討してみてもいいかもしれません。

GMOコインの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧