仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ヤフー株式会社の100%子会社であるZコーポレーション株式会社は、株式会社シーエムディーラボの子会社である株式会社ビットアルゴ取引所東京へ資本参加することを決定しました。ビットアルゴ取引所東京による取引所サービスの開始は2018年秋を予定しています。

目次

  • ヤフー子会社のZコーポレーションがビットアルゴ取引所東京へ資本参加
  • Zコーポレーションとは

ヤフー子会社のZコーポレーションがビットアルゴ取引所東京へ資本参加


nevodka / Shutterstock.com

ヤフー株式会社の100%子会社であるZコーポレーション株式会社は、株式会社シーエムディーラボの子会社である株式会社ビットアルゴ取引所東京へ資本参加することを決定しました。報道の段階では、同じく100%子会社であるワイジェイFXから出資すると言われていましたが、Zコーポレーションの持分法適用会社となりました。

取引所サービスの開始は2018年秋を予定

ビットアルゴ取引所東京は既に関東財務局から仮想通貨交換業者として登録を認められていますが、ビットアルゴ取引所東京による取引所サービスの開始は2018年秋を予定していると発表されています。

ビットアルゴ取引所東京の株式保有状況

(出資前)
シーエムディーラボ 100%

(出資後)
シーエムディーラボ 60% Zコーポレーション 40%

Zコーポレーションとは

Zコーポレーションは2018年1月にヤフーの100%子会社として設立されました。ヤフーの取締役会長でもある宮坂氏が代表を務めています。Zコーポレーションは、ヤYahooの「Y」の次、という意味が込められており、既存事業にとらわれない新事業に取り組むことだけが明言されていました。今後、Zコーポレーションが、仮想通貨取引所をはじめ、さまざまな応用が想定されるブロックチェーン関連領域などの事業を担っていくと考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧