仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

コインチェックの不正流出事件以降、金融庁の監督が強化され、仮想通貨交換業は再編・淘汰が続いています。現在の登録事業者・みなし業者・新規参入の状況を整理し、今後の展開を予測します。

目次

  • 仮想通貨交換業、登録事業者の状況
  • みなし業者の状況
  • 新規参入の状況
  • 激しい競争、生き残るのは

仮想通貨交換業、登録事業者の状況

金融庁の登録が完了した登録済みの仮想通貨交換業者は16社あります。

・マネーパートナーズ
・QUOINE(QUOINEX運営)
・bitFlyer
・ビットバンク(bitbank.cc運営)
・SBIバーチャルカレンシーズ
・GMOコイン
・ビットトレード
・BTCボックス
・ビットポイントジャパン(BITPoint運営)
・フィスコ仮想通貨取引所
・テックビューロ(Zaif運営)
・DMM bitcoin
・ビットアルゴ取引所東京
・Bitgate
・Xtheta
・BITOCEAN

bitFlyerを追う各社

登録事業者でユーザー数、取引量などでナンバーワンのポジションにあるのがbitFlyerです。bitFlyerを追うのが、同時期にサービスを開始している老舗であるテックビューロ(Zaif)やビットバンク(bitbank.cc)。後発ながらユーザー数を伸ばしているGMOコインやDMM Bitcoinなどになります。そして今後注目なのが、夏にサービス開始と噂されているSBIバーチャルカレンシーズ、ヤフー子会社Zコーポレーションから出資を受けたビットアルゴ取引所東京です。どちらも顧客基盤があり、いきなり主要プレイヤーとして存在感を発揮する可能性が高くなっています。

みなし業者の状況

みなし業者は16社存在しましたが、金融庁の監督強化による行政処分などにより、6社が登録申請取り下げを表明しました。現在みなし業者は、コインチェックやみんなのビットコイン、Krakenなど10社です。中でも注目はコインチェックです。マネックスグループによる買収が決まり、2ヶ月以内の事業者登録を目標に掲げています。登録の見込みが高いからこそ、マネックスは買収に至ったはずなので、近いうちに登録事業者になる可能性は高いでしょう。コインチェックは元々bitFlyerと肩を並べるユーザー数を誇っており、再び主要なプレイヤーとして存在感を発揮するのではないでしょうか。

新規参入の状況

新規参入は100社超が申請の行列を作っていると言われています。すべてが仮想通貨交換業を行うものではないものの、わかっているだけで、LINE、サイバーエージェント、ネクストカレンシーズ(DMMグループ)、マーキュリー(セレス子会社)、コイネージ(ユナイテッド子会社)、ライオンコイン(ヒロセ通商子会社)などそうそうたる顔ぶれが並んでいます。他にも大手ネット証券複数社に参入の噂がある状況です。

激しい競争、生き残るのは

仮想通貨交換業は、コインチェックの不正流出事件を機に再編・淘汰が進み、新たなステージに入ろうとしています。大手IT企業や金融が参入する中、どういった競争が繰り広げられるのでしょうか。

仮想通貨取引所の比較はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧