仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

4月26日、SBIホールディングスの2018年3月期決算説明会が開催されました。SBIグループの仮想通貨取引所であるSBIバーチャル・カレンシーズは、年内のしかるべきタイミング、早ければ夏に事業を開始することが明らかにされています。

目次

  • SBIバーチャル・カレンシーズは早ければ夏にサービス開始
  • スプレッドを業界最小に
  • 短期間で業界トップになる可能性は十分

SBIバーチャル・カレンシーズは早ければ夏にサービス開始

4月26日、SBIホールディングスの2018年3月期決算説明会が開催されました。SBIグループの仮想通貨取引所であるSBIバーチャル・カレンシーズは、年内のしかるべきタイミング、早ければ夏に事業を開始することが明らかにされています。既存の金融生態系や国内外の提携先とのシナジーを徹底追求し、短期間で業界トップのポジションを確保する目標です。

グループ企業からの顧客送客

北尾社長は、直ちに業界トップになると発言していますが、自信の裏付けとしてグループ企業の顧客基盤があるでしょう。SBI証券(約426万口座)、住信SBIネット銀行(約321万口座)、SBIリクイディティ・マーケット(約105万口座、SBI FXトレード含む)と数百万の顧客がおり、ここから一定数の送客が期待できます。

スプレッドを業界最小に

決算説明会で北尾社長は、スプレッドについても数多く言及し、業界最小に設定することを明言しています。仮想通貨取引所は、スプレッドで収益を上げているところが多いですが、SBIバーチャル・カレンシーズの動向によってはスプレッドを安くする対応を迫られそうです。

短期間で業界トップになる可能性は十分

SBIグループの顧客基盤、スプレッドが高さに不満を持つユーザーの多さなどを考えると、SBIバーチャル・カレンシーズが短期間で業界トップになる可能性は高いかもしれません。コインチェック事件を受けてセキュリティの強化もしており、ユーザーとしても安心感があるでしょう。いずれにせよ、SBIバーチャル・カレンシーズの参入は大きな転機になりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧