仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

マネックスグループ傘下のコインチェックが、Monero(XMR)・Zcash(ZEC)・DASH・Augur(REP)の取り扱い廃止を発表しました。2018年6月18日より売買、入出金、保有、コインチェックへの貸し出しが廃止されます。

目次

  • コインチェック、Monero・Zcash・DASH・Augurの取り扱い廃止を発表
  • 取り扱い廃止の流れ
  • 匿名仮想通貨の扱いはどうなるか

コインチェック、Monero・Zcash・DASH・Augurの取り扱い廃止を発表

マネックスグループ傘下のコインチェックが、Monero(XMR)・Zcash(ZEC)・DASH・Augur(REP)の取り扱い廃止を発表しました。2018年6月18日より売買、入出金、保有、コインチェックへの貸し出しが廃止されます。コインチェックは不正アクセスによる仮想通貨NEMの不正送金に関連し、2018年3月8日、金融庁から資金決済に関する法律第63条の16に基づく業務改善命令を受けました。内部管理態勢及び経営管理態勢等を抜本的に見直し、顧客保護を徹底した経営戦略の見直し等を進めていますが、この見直しの一環として、今後さらなるAML/CFTの管理態勢の整備・強化が必要となること等を踏まえ、少しでも懸念のある通貨を取扱うことについては、適切ではないと判断したようです。

取り扱い廃止の流れ

2018年6月18日に4通貨の取り扱いが廃止されますが、廃止日に保有している対象通貨は、市場価格で売却し、日本円に転換されます。つまり、自動的に売却がされますので、廃止日までに必ずしも自身で売却をする必要はありません。廃止日までの相場をチェックし、適切なタイミングで売却するのがいいでしょう。また、他取引所へ送金する方法もあります。この4通貨は国内での取り扱いがなく、必然的に海外の取引所を利用する必要がありますが、多数の送金申請をあった場合、目視等での確認も含め送金完了までに数日程度時間を頂戴する場合があるようです。

匿名仮想通貨の扱いはどうなるか

先日、ビットライセンスを有するアメリカの仮想通貨取引所であるGeminiがZcashの取り扱いを発表しました。匿名仮想通貨は、マネーロンダリングの観点などから国内での取り扱いが難しくなりそうですが、海外では必ずしもそうではありません。規制を厳しくし過ぎて、日本だけで異質な状況になるのは避けたいところです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧