仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

コインチェックを買収したマネックスグループの松本大社長は、コインチェックの全面取引再開について「6月中が目標」と毎日新聞のインタビューで語りました。買収時、全面再開は2ヶ月が目標と語っていましたが、方針に変更はないようです。

目次

  • コインチェック、6月中に全面再開目標
  • 海外展開も
  • コインチェック再開のインパクト

コインチェック、6月中に全面再開目標

コインチェックを買収したマネックスグループの松本大社長は、コインチェックの全面取引再開について「6月中が目標」と毎日新聞のインタビューで語りました。買収時、全面再開は2ヶ月が目標と語っていましたが、方針に変更はないようです。現在、内部管理や不正アクセス防止の体制を強化中で、金融庁に報告しコメントももらっていると語り、想定通りに進んでいる感触を持っているようです。

マネックス松本社長「コインチェック6月中に全面再開」

海外展開も

先日マネックスの松本社長は、ブルームバーグのインタビューにおいて、アメリカ進出への意欲を語っていました。今回の毎日新聞のインタビューにおいても、同様のことを語っており、アメリカに加え、香港、オーストラリアなどでの展開も検討しているようです。

コインチェック再開のインパクト

コインチェックのサービスが再開されれば、仮想通貨市場にとってインパクトある出来事になることは間違いないでしょう。日本で1位・2位を争うユーザー数を誇っており、事件後もコインチェック再開を望む声は多くあります。現状コインチェックのように、豊富な仮想通貨を簡単に取引できる取引所は少なく、そうした声も頷けます。また、コインチェックがサービス再開することで、アルトコインの仕入れ需要が発生します。NEMなどは良い例かと思いますが、価格低迷するアルトコインにも好影響が出るのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧