仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

世界有数の仮想通貨取引所であるHuobiが、積極的な展開を続けています。その最たるものが「Huobi Chain」というパブリックチェーン構築プロジェクトです。事業自体をブロックチェーン上に移行させる計画があります。

目次

  • Huobiとは
  • 「Huobi Chain」について
  • 堅調に推移するHuobi Token(HT)価格

Huobiとは

Huobiは2013年から仮想通貨取引所のサービスを展開しています。取引量で世界2位・3位の規模を誇る有数の取引所です。ユーザーは500万人を超えており、100以上の国のユーザーがいると言います。もともと中国の取引所ですが、昨年本社をシンガポールに移し、グローバル展開を加速させています。6月にはアメリカ進出も発表しています。日本に関してはSBIホールディングスとの資本業務提携が取りやめになり進出の話はありませんが、コインベースなどが進出を発表する中、近いうちに発表があってもおかしくなさそうです。

「Huobi Chain」について

「Huobi Chain」はHuobiのパブリックチェーン構築プロジェクトです。約2年をかけるプロジェクトで、事業自体もブロックチェーン上に移行させる計画です。現在、Huobi Chainプロジェクト構築に世界中の開発者が参画してもらうためのプログラムをローンチしており、3,000万Huobi Token(約200億円)を投資することが発表されています。

堅調に推移するHuobi Token(HT)価格

こうした積極的な展開が評価されているのか、Huobiが発行する自社トークンであるHT価格は堅調に推移しています。2018年に入り主要な仮想通貨がピーク時の5割程度の価格に下落している中、存在感は際立っています。時価総額も50位台です。

同じく取引所発行トークンであるBinance Coinも堅調に推移しています。残念ながら日本の取引所が発行するトークン価格は停滞気味ですが、企業の展開に連動しやすいので、今後の展開に期待したいところです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧