ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、新たにモナコイン(MONA)の取扱いを開始しました。bitFlyerでは、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、Bitcoin Cashに続いて6種類目の仮想通貨取扱いとなります。

目次

  • bitFlyer(ビットフライヤー)がモナコイン(MONA)の取扱いを開始
  • モナコインとは
  • bitFlyerでモナコインを取引する方法
  • Zaifはイーサリアムの取扱いを開始
  • 各社が続々とホワイトリストの仮想通貨を取り扱うか

bitFlyer(ビットフライヤー)がモナコイン(MONA)の取扱いを開始


大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、新たにモナコイン(MONA)の取扱いを開始しました。bitFlyerでは、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、Bitcoin Cashに続いて6種類目の仮想通貨取扱いとなります。

モナコインは国内で5社目の取扱い

モナコインは既にZaif、bitbank.cc、BitTrade、フィスコ仮想通貨取引所の4社が取扱いをしており、bitFlyerで5社目となりました。世界的に有数の取引所であるbitFlyerが取り扱うことで、取引量の増加が期待できそうです。

モナコインとは

モナコインは日本発の仮想通貨です。ライトコインを元に2013年に開発され、2014年から流通がスタートしました。巨大掲示板サイト2chから生まれた仮想通貨であり、掲示板内でチップのような役割もしています。モナコインが使えるサイトや店舗も多く、決済用仮想通貨として実需のある存在と言えるかもしれません。また、ビットコインで長年議論になっていたSegwitも実装しています。

bitFlyerでモナコインを取引する方法


bitFlyerにログインすると、「アルトコイン販売所」というメニューがあります。そこからモナコインを選択すると取引することが可能です。数量を入力すると価格が表示されますので、問題なければ「コインを買う」もしくは「コインを売る」を選択します。bitFlyerでは相対取引の販売所と取引所がありますが、モナコインは販売所のみで売買することができます。
bitFlyerの詳細はこちら

Zaifはイーサリアムの取扱いを開始


Zaifではイーサリアムの取扱いがスタートしました。Zaifはビットコイン、NEM、モナコイン、Bitcoin Cashに続いて5種類目の取扱いとなります。取引画面からETH/JPY(イーサリアムの日本円取引)、ETH/BTC(イーサリアムのビットコイン取引)を選択して取引することができます。
Zaifの詳細はこちら

各社が続々とホワイトリストの仮想通貨を取り扱うか

9月29日に金融庁から仮想通貨交換業者の登録が発表され、各取引所が扱う仮想通貨も公表されました。各取引所が扱う仮想通貨がホワイトリストという扱いになるため、今後各取引所が一斉に対応を始めるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧