仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

SBIグループの仮想通貨取引所、SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始しました。具体的なサービス開始時期は明言されていないものの、金融庁登録も完了し、いよいよサービス開始が近い印象です。

目次

  • SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始
  • SBIバーチャル・カレンシーズのサービス内容は?
  • グループではマイニング事業やヘッジファンドも
  • SBIバーチャル・カレンシーズの今後に注目

SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始


SBIグループの仮想通貨取引所、SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始しました。SBIバーチャル・カレンシーズは9月29日に仮想通貨交換業者としての登録が完了しています。具体的なサービス開始時期は明言されていないものの、いよいよサービス開始が近い印象です。先行予約は以下のリンクから手続き可能です。先行予約は名前とメールアドレスを登録するだけの簡単なものです。

先行予約|SBIバーチャル・カレンシーズ

SBIバーチャル・カレンシーズのサービス内容は?


金融庁から発表された資料において、SBIバーチャル・カレンシーズの取扱仮想通貨はビットコインのみとなっていました。ただ、以前からホームページにはイーサリアムやリップルの記載があることから、後々扱う可能性は高いと考えられます。

また、先日Sコインプラットフォームが発表されましたが、SBIの独自仮想通貨であるSコインや地域トークンなども取引できるようになるかもしれません。Sコインプラットフォームは、仮想通貨や前払式支払手段の電子マネー等、様々な電子通貨を発行し決済に利用することが可能となっており、SBIが発行するSコインや地方自治体・事業会社・地域金融機関などが発行する独自のコインを用いて、スマートフォンを用いた簡易な決済手段が提供されます。

SBI MAXにも注目

SBIグループはグローバル取引所としてSBI MAXの設立も予定しています。現状詳細はわかりませんが、サービス展開や連携に注目が集まります。

グループではマイニング事業やヘッジファンドも

SBIグループは取引所事業だけでなく、マイニングやヘッジファンドなど仮想通貨に関わるさまざまな事業展開をしていく方針です。マイニングにおいてはSBI cryptoという会社を2017年8月に設立しており、Bitcoin Cashのマイニングを開始しているようです。ヘッジファンドに関しても、米運用会社CoVenture社との協業が発表され合弁会社を共同で設立する予定となっています。

SBIバーチャル・カレンシーズの今後に注目

SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始しました。SBIバーチャル・カレンシーズの参入は以前から注目されており、今後取引所間の競争が激しくなりそうです。SBIグループはネット証券会社やFX会社も展開しており、仮想通貨投資にどれだけの投資家が参入するか注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧