仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

10月25日、ビットコインからハードフォークしビットコインゴールドが誕生する予定です。ビットコインキャッシュと同様に対応する取引所やウォレットに保管していれば、ビットコインゴールドが付与される予定です。国内取引所はどのような対応を取るのでしょうか?

目次

  • ビットコインゴールド(BTG)について
  • 国内取引所の対応は?
  • ビットコインゴールド(BTG)、国内取引所の対応に注目

ビットコインゴールド(BTG)について


10月25日、ビットコインからハードフォークしビットコインゴールドが誕生する予定です。香港のマイニング企業LightningASICから提案されており、GPUマイニングに対応しビットコインで起きているASICマイナーによる寡占化を防ぎ、一般の方でもマイニングに参加しやすくする構想があります。ビットコインキャッシュと同様に対応する取引所やウォレットに保管していれば、ビットコインゴールドが付与される予定です。

国内取引所の対応は?


現在のところ、国内取引所でビットコインゴールドの対応について表明しているところはありません。日本経済新聞が仮想通貨事業者協会へ取材した内容によると、顧客に新通貨を付与するかは各社に対応を委ねるとし、顧客への事前の説明責任を果たすこともあわせて決めたと報じられています。管轄する金融庁からも特に異論は出なかったようです。つまり、対応する対応しないを含めて何らかの発表が10月25日までにあるかもしれません。

対応する国内取引所はあるのか?

正直微妙ではないかと考えています。海外で対応を表明している大手取引所はありません。今後もハードフォークは続く可能性があり、いちいち対応していたらキリがないでしょう。ただ、小規模~中堅の取引所にとっては顧客を獲得するチャンスでもあります。ビットコインゴールドが付与されるとなれば、ビットコインを移動する顧客は多くなると考えられ、広告活動をするよりも効率的です。実際ビットコインキャッシュの際は、対応しない取引所から対応する取引所へ顧客が流れています。

対応を決めている取引所


ビットコインゴールドのホームページで確認すると、対応を決めている取引所は4社あります。比較的有名なのはHitBTCでしょうか。いわゆる大手と言われる取引所はありません。ウォレットではGuardaが対応を決めています。

ビットコインゴールド(BTG)、国内取引所の対応に注目

ビットコインゴールド(BTG)の対応については、日本経済新聞が報じたところによると各社に判断を任せるようです。おそらくですが、対応する国内取引所はない、あるいはあっても1社か2社だと思います。あまり対応する必要性はないように思いますし、今後を考えると対応しない方がプラスになるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧