仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。二段階認証はセキュリティ上必須とも言えるので、この機会に設定してみてはいかがでしょうか。

目次

  • coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン
  • 二段階認証の設定方法
  • 二段階認証は必須

coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。30,000Satoshiはビットコインのレートが90万円だとすると約270円です。既に本人確認が完了している、かつ初めて二段階認証をキャンペーン期間中に完了した取引アカウントが対象になります。キャンペーンは予告なく変更・終了する場合がありますが、2017年11月17日以降、期限は設けずに開催するようです。

二段階認証の設定方法

coincheckの二段階認証は、メニューの「設定」から「二段階認証」を選択することで設定することができます。iOSもしくはAndroidアプリの「Google Authenticator」をダウンロードしてください。「Google Authenticator」とはGoogleが開発した二段階認証を行うソフトウェアです。

ダウンロード後、「設定する」をクリックするとQRコードとセキュリティコードを入力する画面が表示されます。Google Authenticatorを開いて表示されているQRコードを読み取ってください。読み取るとGoogle Authenticatorに6ケタの数字が表示されますので、coincheckの画面に入力します。これで二段階認証の設定は完了です。

設定後はログイン時に数字を入力

二段階認証を設定した後は、coincheckログイン時に二段階認証のコードを入力する必要があります。coincheckのIDとパスワードを入力した後、Google Authenticatorを起動。Google Authenticatorに表示される6ケタの数字を入力してください。

二段階認証は必須

二段階認証は不正ログインを防ぐために欠かせないセキュリティです。二段階認証を設定するだけで不正ログインのリスクが大幅に軽減できます。まだ設定していない場合は、早めに対応することをおすすめします。なおcoincheckでは、不正ログインによって不正取引されたことによる損害を補償(最大100万円)してくれるサービスがありますが、二段階認証を設定していなければ対象外です。最初はコードを打ち込むのが少々面倒に感じるかもしれませんが、不正ログインはいつ起きてもおかしくないため、コードの打ち込みは必要な工程と割り切るしかないでしょう。

coincheckの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧