仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、ビットコインダイヤモンドの付与を発表しました。問題等が確認されない限り行う予定とし、現在作業を進めているようです。ビットコインダイヤモンドは11月24日に誕生し、Binance(バイナンス)などの取引所で取引が開始されています。

目次

  • coincheck(コインチェック)がビットコインダイヤモンドの付与を発表
  • ビットコインダイヤモンドについて
  • ビットコインダイヤモンドは比較的高値で取引
  • ハードフォークした仮想通貨が欲しいなら、海外取引所を利用する必要

coincheck(コインチェック)がビットコインダイヤモンドの付与を発表

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、ビットコインダイヤモンドの付与を発表しました。問題等が確認されない限り行う予定とし、現在作業を進めているようです。ハードフォークに発表するのは珍しいですが、Binance(バイナンス)などの取引所で比較的高値で取引されていることから、ユーザーのニーズが高いと判断したのかもしれません。

ビットコインダイヤモンドについて

ビットコインダイヤモンドは11月24日にビットコインからハードフォークして誕生したアルトコインです。ダイヤモンドと名前が付いていますが、ダイヤモンドのような価値があるわけではなく、ただの名前です。ビットコインの主に送金における仕様を改良し利便性向上をはかるとしています。最大の特徴といえるのが、発行量がビットコインの10倍になっていることです。つまり、1BTC保有していれば、10ビットコインダイヤモンド(BCD)付与されることになります。

ビットコインダイヤモンドは比較的高値で取引

ビットコインダイヤモンドは11月27日現在、0.007BTC~0.008BTCあたりで取引されています。1BTCあたりのレートが約100万円なので、日本円で7,000円~8,000円程です。つまり、仮に1BTC保有していたら10BCD付与されることになるため、7万円~8万円の利益が出ている計算になります。

今後も予定されるハードフォーク

ビットコインからのハードフォークは今後も予定されています。スーパービットコイン、ビットコインプラチナム、ビットコインシルバーなどネタのような状況ですが、ビットコインダイヤモンドのように投資家にとって旨みがあるとビットコインを保有しておこうという動きは強まるでしょう。

ハードフォークした仮想通貨が欲しいなら、海外取引所を利用する必要

国内の取引所はビットコインキャッシュこそ全て付与を行い取扱いをしたものの、ビットコインゴールド、ビットコインダイヤモンドは一部取引所が付与の対応を表明しただけです。おそらく今後も付与や取引の対応を行う取引所は少ないでしょう。ハードフォークした仮想通貨の付与を狙うなら、海外取引所にビットコインを移しておく必要がありそうです。ただ、毎回決まった取引所で付与されるとは限らないため、結構な手間とリスクが生じてきます。

coincheckの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧