仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨取引所のbitbank.ccが、「仮想通貨を貸して増やす」サービスを4月より提供開始予定であることを発表しました。ビットバンクと利用者が仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大5%の料率を乗じた仮想通貨を、利用料として1年後に受け取ることができるサービスです。

目次

  • bitbank.ccが「仮想通貨を貸して増やす」サービスを開始予定
  • 「仮想通貨を貸して増やす」サービスの概要
  • リスクを把握して利用を

bitbank.ccが「仮想通貨を貸して増やす」サービスを開始予定

仮想通貨取引所のbitbank.ccが、「仮想通貨を貸して増やす」サービスを4月より提供開始予定であることを発表しました。ビットバンクと利用者が仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大5%の料率を乗じた仮想通貨を、利用料として1年後に受け取ることができるサービスです。初期においてはビットコインのみの仮想通貨を貸し出すことができますが、その他の仮想通貨の貸し出しについても、順次対応を行っていく予定です。

「仮想通貨を貸して増やす」サービスの概要

■募集する対象仮想通貨
ビットコイン及び対象仮想通貨

■募集期間・募集月
ビットバンクが利用者に対して申し込みの募集を行う場合における、毎月1日から月末にかけてを募集期間とし、これを募集月と呼びます。

■利用料の発生期間
利用料は、当該募集期間が終了した翌日を起算日とし、満了期日に発生します。

■満了期日
募集月の翌月1日を起算日とし、その12ヶ月後(募集月の翌年月末)を満了日とします。

■返還日
満了期日の翌日を起算日とし、10営業日以内にbitbank口座に相当消費税額を含めた当該利用料を返還します。

■利用料
利用料率(税込)/年 BTC数量
3%:1<= X < 5
4%:5<= X < 10
5%:10 <= X
1BTC~5BTCの場合3%、5BTC~10BTCの場合4%、10BTC以上の場合5%の利率という意味です。最大申し込み数量は1,000BTCとなっています。

リスクを把握して利用を

bitbank.ccが開始する「仮想通貨を貸して増やす」サービスは、コインチェックが提供していた貸仮想通貨とほぼ同様の内容です。仮想通貨を貸し出すことで金利を得ることができます。仮想通貨を長期保有している方に向いているサービスと言えるでしょう。

魅力的なサービスですが、リスクを把握したうえで利用する必要があります。まず仮想通貨は常に価格変動のリスクがあるため、貸し出し時よりも価格が下落する可能性があります。中途解約は可能ですが、貸し出した仮想通貨は、原則として予め定められた貸出期間を経過するまで売却できません。また、このサービスは消費貸借契約であり、ビットバンクが破たんする、ブロックチェーンに致命的なバグが見つかるなどした場合、利用者が貸し出した仮想通貨が返却されないリスクがあります。

bitbank.ccの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧