仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)には、「アルトコイン販売所」という機能があります。名前の通り、アルトコインを売買できる場所ですが、取引所と何が違うのか、メリットや注意点はあるのかなど、紹介します。

目次

  • bitFlyer(ビットフライヤー)の仮想通貨売買
  • bitFlyerの「アルトコイン販売所」
  • 販売所、取引所に適した取引

bitFlyer(ビットフライヤー)の仮想通貨売買

bitFlyerでは、仮想通貨を売買する方法が複数あります。大きく分けると、画像の赤枠で囲った「ビットコイン・アルトコイン販売所」と「ビットコイン取引所・bitFlyer Lightning」の2つです。

「ビットコイン・アルトコイン販売所」は相対取引、つまりbitFlyer社と1対1の取引を行う場所になります。購入価格と売却価格はレートに応じてbitFlyer社が決めており、利用者は売買したい数量を入力し、価格に納得できれば売買が完了します。

一方の「ビットコイン取引所・bitFlyer Lightning」は、取引所取引になります。bitFlyerを利用するユーザーが売買注文を出し合って、数量と価格が一致すれば取引が成立する仕組みです。

「販売所」と「取引所」で区別される

一般的にbitFlyerの「ビットコイン・アルトコイン販売所」のような仕組みを「販売所」、「ビットコイン取引所・bitFlyer Lightning」のような仕組みを「取引所」と呼びます。bitFlyerは2つの機能を有していますが、どちらかしか提供していない取引所も多いです。例えば、GMOコインは「販売所」のみ、bitbank.ccは「取引所」のみ提供しています。coincheckやZaifはbitFlyerと同様に両方とも提供しています。

bitFlyerの「アルトコイン販売所」

bitFlyerでは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシック、ライトコイン、モナコインの取引ができます。このうちビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュは取引所取引もすることが可能です。イーサリアムクラシック、ライトコイン、モナコインは販売所でしか取引できません。

アルトコイン販売所を利用する注意点

販売所を利用する際に注意すべきは、「価格」です。画像を見て頂くとわかりますが、購入価格と売却価格に結構な差があります。画像はイーサリアムの取引画面ですが、5,500円程開いているわけです。この差をスプレッドといいますが、スプレッドが大きいほど利益は出しづらいです。この場合だと、最低でも5%以上価格上昇しないと利益が出ない計算になります。

アルトコイン販売所を利用するメリット

アルトコイン販売所を利用するメリットは、同一価格で注文が約定する点です。画像は取引所取引における板情報(ユーザーの注文情報)になりますが、1つの価格における注文量は1BTCに満たない場合が多いことがわかります。つまり、170万円のレートで5BTCを購入したいといった場合、一つの価格で捌くことはできず、複数価格で約定することになります。大口の注文になるほど複数価格にまたぐ可能性が高いです。こうなると、購入価格の計算が面倒になりますし、販売所で売買した方が割安になる可能性も出てきます。

販売所、取引所に適した取引

以上のことから、販売所で適している取引は、100万円単位の大口取引(仮想通貨によっては10万円単位)や長期保有を決めている場合です。取引所で適している取引は比較的小口の取引で短期売買ということになります。取引目的に応じて使い分けをすることが、賢い利用方法です。

bitFlyerの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧