仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

大手仮想通貨取引所のbitFlyerは、株式会社ぐるなびと連携し、ビットコイン決済サービスを「ぐるなびPay」へ提供開始したことを発表しました。東京都内の飲食店10店舗で試験的に先行導入し、2018年春を目途に全国への展開を目指します。

目次

  • bitFlyer、ぐるなび「ぐるなびPay」へビットコイン決済サービスを提供
  • ビットコイン決済の導入は進むが
  • 今後の進展に期待

bitFlyer、ぐるなび「ぐるなびPay」へビットコイン決済サービスを提供

大手仮想通貨取引所のbitFlyerは、株式会社ぐるなびと連携し、ビットコイン決済サービスを「ぐるなびPay」へ提供開始したことを発表しました。東京都内の飲食店10店舗で試験的に先行導入し、2018年春を目途に全国への展開を目指します。ぐるなびとの連携により、多様化する決済手段に対応する利便性の高い決済サービスを飲食店に提供していくとしています。

bitFlyerの詳細はこちら

「ぐるなびPay」とは

「ぐるなびPay」は飲食店情報サイトぐるなびが提供するマルチ決済サービスです。ビットコインに加え、クレジットカード決済やWeChat Pay決済にも対応しています。モバイルPOSシステム「ぐるなびPOS+(ポスタス)」との連携により、注文から決済まで一連のオペレーションでスムーズに利用することが可能となります。また、売り上げ、客単価、注文点数、注文商品を席単位で分析したり売上の管理ができたり、勤怠・シフトの管理ができたりとさまざまな機能を使うことができます。

ビットコイン決済の導入は進むが


さまざまな店舗や企業で導入が進むビットコイン決済ですが、実際の利用となるとハードルが高いのは事実です。まず送金手数料の高騰が挙げられます。価格高騰とともに手数料も高騰しており、少額の買い物では手数料の方が高くなってしまうこともあります。

また、税金の問題もあります。現状の税制だと仮想通貨を使用することで生じた利益が所得税の課税対象となります。使用とは仮想通貨を日本円に売却すること、他の仮想通貨と交換すること、そして決済利用も対象です。これでは日本円で決済した方がお得であり、税金の計算も面倒になることから、決済利用を躊躇する方も多くなるでしょう。

今後の進展に期待

ビットコイン決済に対応する店舗や企業は着実に増加していますが、実際の利用となるとさまざまなハードルがあります。手数料は技術的に解決できる可能性がありますが、税制を変えることはできず、しばらく変わる可能性も低いでしょう。今後ビットコイン決済が利用しやすい環境となることを期待したいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧