仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

国内仮想通貨取引所大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が、1月23日より欧州で仮想通貨交換業を開始しました。子会社のbitFlyer EUROPE S.A.は、ルクセンブルク金融監督委員会(CSSF)の指導のもとPayment Institution Licenseを取得。米国事業開始に続く海外進出となります。

目次

  • bitFlyer(ビットフライヤー)が欧州進出。1月23日より仮想通貨交換業を開始
  • 世界初。米国・EUにおいて仮想通貨交換業のライセンスを取得
  • BTC/EURの通貨ペアを提供

bitFlyer(ビットフライヤー)が欧州進出。1月23日より仮想通貨交換業を開始

国内仮想通貨取引所大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が、1月23日より欧州で仮想通貨交換業を開始しました。子会社であるbitFlyer EUROPE S.A.は、ルクセンブルク金融監督委員会(CSSF)の指導のもとPayment Institution Licenseを取得。2017年11月の米国事業開始に続く海外進出となります。

世界初。米国・EUにおいて仮想通貨交換業のライセンスを取得

bitFlyerは、米国・EUにおいて仮想通貨交換業のライセンスを取得した世界で初めての事業者となりました。bitFlyer EUROPEはルクセンブルクを拠点に欧州事業を展開し、取引量の多いプロトレーダー向けサービスから提供を開始するようです。

bitFlyer EUROPE COO Andy Bryantのコメント

「bitFlyer EUROPEが欧州において提供するのはプロトレーダーを対象としたプラットフォームです。WEBインターフェースあるいはAPIを通じて、安定した高速取引が実現できます。」

bitFlyer EUROPE Chairman加納裕三氏のコメント

「bitFlyerは2014 年の創業当初から世界展開を目指しており、またビットコインと仮想通貨業界の長期的な発展には規制導入が不可欠であると当時より考えていました。当社グループが日本・米国・EUにおいて仮想通貨交換業のライセンスを取得した世界で初めての事業者となったことを光栄に思います。この度のPayment Institution License取得は当社グループやお客様だけでなく、仮想通貨業界に対してもポジティブなものになると考えています。」

BTC/EURの通貨ペアを提供

bitFlyer EUROPEではまず、BTC/EURの通貨ペアを提供します。2018年中にライトコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュなどの仮想通貨の取扱いを予定しています。また、2018年2月末まで取引手数料無料キャンペーンを実施予定です。米国法人もまずBTC/EURの通貨ペアのみを提供し、アルトコイン取引に拡大していく方針ですが、欧州も同じようなやり方であることがわかります。

bitFlyerの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧