仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、クレジットカードでの仮想通貨購入を停止することを発表しました。2018年3月9日(金)0:00以降、クレジットカードでの仮想通貨購入サービス「クレジットカードで買う」は利用できなくなります。

目次

  • bitFlyer(ビットフライヤー)、クレジットカードでの仮想通貨購入を停止へ
  • 仮想通貨のクレジットカード購入は世界的に停止の流れ

bitFlyer(ビットフライヤー)、クレジットカードでの仮想通貨購入を停止へ

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、クレジットカードでの仮想通貨購入を停止することを発表しました。2018年3月9日(金)0:00以降、クレジットカードでの仮想通貨購入サービス「クレジットカードで買う」は利用できなくなります。停止の理由は、bitFlyerが契約しているクレジットカード会社の仮想通貨購入に関する方針変更のためです。

停止されるサービス

bitFlyerでは、「クレジットカードで買う」というサービスメニューがあり、bitFlyerが取り扱う7種類の仮想通貨のうち、ビットコインのみをクレジットカード購入することができます。「今すぐ購入」と「定期購入」2つの方法があり、両方とも停止されます。定期購入サービスを利用しているユーザーも3月9日から利用できなくなりますので注意しましょう。

bitFlyerの詳細はこちら

仮想通貨のクレジットカード購入は世界的に停止の流れ

bitFlyerのクレジットカード購入停止は珍しいわけではありません。先日、Zaifも仮想通貨のクレジットカード購入を停止しました。世界的に仮想通貨のクレジットカード購入は停止される流れになっており、アメリカのJPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、シティグループなどは自行のクレジットカードを使った仮想通貨購入を停止しています。クレジットカード会社は、仮想通貨取引に関連した信用リスクを回避したい思惑があるようです。

【PR】安定した収入を得ながら資産形成ができる「アパート経営」のすすめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧