仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)代表の加納裕三氏が、2018年3月27日、28日にカナダ(モントリオール)で開催されたG7イノベーション大臣会合に参加しました。

目次

  • bitFlyer代表の加納裕三氏が、G7イノベーション大臣会合に参加
  • 「miyabi」に関するプレゼンテーションを実施

bitFlyer代表の加納裕三氏が、G7イノベーション大臣会合に参加

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)代表の加納裕三氏が、2018年3月27日、28日にカナダ(モントリオール)で開催されたG7イノベーション大臣会合に参加しました。参加したビジネスラウンドテーブルにおいてbitFlyerは日本から唯一選出され、また仮想通貨・ブロックチェーン企業としても世界で唯一選出された企業となりました。

「miyabi」に関するプレゼンテーションを実施

加納氏はG7の7ヶ国及びEUの担当閣僚等に対してブロックチェーン技術により創出されるサービスの現状及び今後の可能性やbitFlyerのプライベート・ブロックチェーン「miyabi」に関するプレゼンテーションを行いました。また、革新的技術(AI、ロボット、ビッグデータ、自動化等)が社会・経済に及ぼす影響について議論したようです。

本年のG7イノベーション大臣会合は、「未来の仕事に備える(Preparing for Jobs of the Future)」がテーマになっており、IoT、ビッグデータ、AI、ブロックチェーン等の新たなイノベーションが社会・経済や労働市場に及ぼす影響について議論されています。

加納氏のコメント

「G7各国のリーダーに革新的な技術であるブロックチェーンの有用性を理解いただけたことを非常に嬉しく思います。各国行政システムにブロックチェーン技術を導入することで、システムの単一プラットフォーム化による各種手続きの簡略化、また国をまたいだ行政システムの連携も将来は可能となり、社会的システムの利便性向上につながることを期待しています。」

bitFlyer社のリリース(PDF)

bitFlyerの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧