仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

bitFlyer(ビットフライヤー)は、4月2日付でウェブニウム株式会社の発行済全株式を取得し完全子会社化したことを発表しました。ウェブニウムは最新のAPI開発、UI・UX、Microsoft Azureインテグレーションに関する高い技術力を生かし、UI・UXコンサル、モダンなWebアプリケーション開発を行っています。

目次

  • bitFlyer(ビットフライヤー)、ウェブニウムを完全子会社化
  • LightChartについて

bitFlyer(ビットフライヤー)、ウェブニウムを完全子会社化

bitFlyer(ビットフライヤー)は、4月2日付でウェブニウム株式会社の発行済全株式を取得し完全子会社化したことを発表しました。ウェブニウムは最新のAPI開発、UI・UX、Microsoft Azureインテグレーションに関する高い技術力を生かし、UI・UXコンサル、モダンなWebアプリケーション開発を行っています。

ウェブニウムはbitFlyer Lightningにおけるデフォルトチャート「LightChart」としても採用した高機能チャート「黒マチャート」に代表される、卓越した最先端の開発力を強みとしています。「黒マチャート」ではその高い開発力でトレーダーの求める理想のユーザー体験を実現し、多くの支持を集めました。bitFlyerはウェブニウムをグループに迎え、両社それぞれのノウハウを活かし仮想通貨の普及並びにお客様の利便性向上に貢献するサービスの開発、提供を進めていきます。

LightChartについて

「LightChart」は以下のような特徴を持つ bitFlyer Lightning のデフォルトチャートです。
・リアルタイム:最終約定価格が低遅延でチャートに反映
・豊富な情報量:分析指標や注文・建玉毎の価格、価格毎の注文数量を表示可能
・強力な補助機能:1クリックで価格マーカーを描画、2クリックでチャート上でプロットしている価格を発注画面へ入力できる

bitFlyerの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧