仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨取引所のbitFlyerは、顧客応対品質向上を目的として、2018年4月27日に苦情・不正利用受付窓口を開設しました。bitFlyerやbitFlyerサービスに関するご意見や苦情への応対、緊急を要する不正利用への応対強化を目的に、電話窓口を2つ開設しています。

目次

  • bitFlyer、顧客応対品質向上を目的とした苦情・不正利用受付窓口を開設
  • bitFlyerについて
  • 電話サポートが当たり前になるか

bitFlyer、顧客応対品質向上を目的とした苦情・不正利用受付窓口を開設

仮想通貨取引所のbitFlyerは、顧客応対品質向上を目的として、2018年4月27日に苦情・不正利用受付窓口を開設しました。bitFlyeはカスタマーサポートを重視し顧客情報や顧客資産保護強化のため、金融機関におけるカスタマーサポート業務経験者を中心とした採用強化や個人情報取扱及び情報セキュリティなどに関する研修、取引監視による不正防止など様々な取り組みを行ってきています。カスタマーサポートは今後も順次拡充し、安心・安全にご利用いただけるサービスづくり、体制づくりを積極的に進めていきます。

苦情・不正利用受付窓口について

bitFlyerやbitFlyerサービスに関するご意見や苦情への応対、緊急を要する不正利用への応対強化を目的に、電話窓口を2つ開設しています。電話窓口には専属の担当者を設け応対します。今後、一般のお問い合わせに応対する電話窓口も開設する予定です。

bitFlyerについて

bitFlyerは国内一のビットコイン取引量を誇る仮想通貨取引所です。ビットコインに加え、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシック、ライトコイン、LISK、モナコインの取引ができます。簡単に仮想通貨を売買できる販売所、板方式で売買できる取引所を備え、レバレッジ取引も充実しているのが特徴です。

bitFlyerの詳細はこちら

電話サポートが当たり前になるか

仮想通貨取引所は、証券会社やFX会社などと違い、電話サポートを設けている取引所は少数です。トラブルが生じた際の連絡手段は基本メールのみとなっており、すぐに問題を解決できない苛立ちがユーザーにはあるでしょう。今回bitFlyerは限定的な電話窓口開設ですが、一般の問い合わせに応対する電話窓口も設ける方針を発表しています。bitFlyerのような大手が対応することで、電話サポートはスタンダードになるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧