仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨交換所bitFlyerを運営する株式会社bitFlyerは、持株会社「株式会社bitFlyer Holdings」を設立し、bitFlyer Holdingsの完全子会社となる株式移転を実施しました。

目次

  • bitFlyerがbitFlyer Holdingsを設立
  • ホールディングス化の背景

bitFlyerがbitFlyer Holdingsを設立

仮想通貨交換所bitFlyerを運営する株式会社bitFlyerは、持株会社「株式会社bitFlyer Holdings」を設立し、bitFlyer Holdingsの完全子会社となる株式移転を実施しました。株式移転に伴うbitFlyerと顧客および取引先との契約関係や法律関係、サービスに関する変更はなく、従来どおり取引が可能です。

加納氏はbitFlyer Holdingsの代表に、bitFlyer代表には鈴木氏が就任

現在、株式会社bitFlyerの代表を務める加納氏は、bitFlyer Holdingsの代表となり、株式会社bitFlyerの代表には加納氏の後任として鈴木信義氏が就任します。

ホールディングス化の背景

今回のホールディングス化は、業務執行機能と監督機能を分離し、各機能の責任と義務を明確にすることで、コーポレート・ガバナンスの強化とコンプライアンス体制の徹底を図ることを目的としています。新体制の下、さらなるコーポレート・ガバナンスの強化とコンプライアンス体制の徹底に努めていきたいと発表されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧