仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

国内大手の仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)が、アメリカ進出することをcoindeskが報じました。既に米国34の州から認可を得ており、アメリカでのオフィスはサンフランシスコに構えます。アメリカでも主要な取引所として利用されるかもしれません。

目次

  • bitFlyer(ビットフライヤー)がアメリカ進出
  • bitFlyerについて
  • 日本の取引所の海外展開が進む
  • bitFlyerのアメリカでの展開に注目

bitFlyer(ビットフライヤー)がアメリカ進出

国内大手の仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)が、アメリカ進出することをcoindeskが報じました。既に米国34の州から認可を得ており、アメリカでのオフィスはサンフランシスコに構えます。アメリカでも主要な取引所として利用されるかもしれません。

州ごとに規制の異なるアメリカ

アメリカは日本のように全国規模で運営できるわけではありません。州ごとに規制が異なり、州ごとに認可を受ける必要があります。PoloniexとBitfinexが法律変更によりワシントン州での業務を停止したことは記憶に新しいです。bitFlyerは既に34の州から認可を受けており、世界的に知名度もあるため期待できます。

bitFlyerについて

bitFlyerはシリーズCで約30億円を調達しており、世界的に見ても巨大な取引所です。米Coinbaseに次ぐ規模と言えるでしょう。SBIインベストメント、三菱UFJキャピタル、三井住友海上キャピタル、電通デジタル・ホールディングスなど株主もそうそうたる顔ぶれです。海外展開に関しては資金調達時のインタビューでも語っており、以前から準備してきた様子が伺えます。

bitFlyerは国内においてもビットコイン取引量で1位・2位を争う取引所です。ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、Bitcoin Cashと計5種類の仮想通貨を取引することができます。FXや先物などレバレッジ取引の利用者も多いです。

bitFlyerの詳細はこちら

日本の取引所の海外展開が進む

日本の取引所においては、BITPointも海外展開を積極的に進めています。bitFlyerが欧米なのに対し、BITPointは中国、香港、台湾、韓国などアジアが中心です。BITPointは現地企業と組む形なので少し展開の仕方は異なりますが、日本の取引所が世界の市場に挑戦する姿勢は頼もしいものがあります。

bitFlyerのアメリカでの展開に注目

国内大手の仮想通貨取引所であるbitFlyerが、アメリカ進出することを発表しました。既に34の州から認可を受けており、アメリカでも結構な利用者を獲得できるかもしれません。アメリカの仮想通貨専門メディアにおいても大きく報道されており、注目度の高さが伺えます。どんなサービスを提供するのか、どのような仮想通貨を扱っていくのかなどにも注目が集まります。

bitFlyerの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧