仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)がVISA加盟店で使えるプリペイドカードを発行しました。バンドルカードで有名な株式会社カンムと提携し提供します。ビットコインを円建てチャージでき、VISA加盟店で利用することができます。

目次

  • bitFlyer(ビットフライヤー)がVISA加盟店で使えるプリペイドカードを発行
  • bitFlyer VISAプリペイドカードの申込方法や利用方法
  • coincheck(コインチェック)は既に同様のサービスを展開
  • bitFlyer VISAプリペイドカードを活用してみては

bitFlyer(ビットフライヤー)がVISA加盟店で使えるプリペイドカードを発行


大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)がVISA加盟店で使えるプリペイドカードを発行しました。バンドルカードで有名な株式会社カンムと提携し提供します。現在、ビットコイン決済できる店舗は増えているものの、まだまだ便利とは言えない状況です。このプリペイドカードであれば、ビットコインを円建てチャージでき、VISA加盟店で利用することができるため、ほとんどの店舗で利用することができます。

bitFlyer VISAプリペイドカードの申込方法や利用方法


bitFlyer VISAプリペイドカードは、まだ一般公開はされておらず、まず抽選で1,000名を選び無料配布されるところからスタートします。bitFlyerの口座開設を完了していれば誰でも申し込みが可能です。仮に当選した場合は、iOSもしくはAndroidからバンドルアプリをダウンロードし、郵送されたbitFlyer VISAプリペイドカードの「カード番号」とカード裏面記載の8桁の「アクティベーションコード」を登録することで利用できるようになります。
bitFlyerの口座開設はこちら

coincheck(コインチェック)は既に同様のサービスを展開

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)は、バンドルカードのカンムと提携し同様のサービスを既に始めています。coincheckの口座からバンドルカードにビットコインを円建てチャージしてVISA加盟店で利用することが可能です。また、Zaifはバンドルカードではありませんが、マネパカードと提携して同様のサービスを展開しています。
coincheckの詳細はこちら

Zaifの詳細はこちら

使用すれば税金が発生するので注意

ビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となると国税庁から発表がありました。雑所得として区分されます。国税庁のタックスアンサーを見る限り、決済での使用は課税対象となるので、利益が出ている場合は注意してください。

bitFlyer VISAプリペイドカードを活用してみては

bitFlyer VISAプリペイドカードはビットコインを円建てチャージでき、VISA加盟店で利用することができます。ビットコイン決済したいけど、対応している店舗が少なくて不便を感じている場合に便利なサービスです。現在、抽選で1,000名に無料配布されていますので、申し込んでみてもいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧