仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

大手仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールが確認されています。メール内のリンクをクリックすると、偽の類似サイトに誘導されるため、IDやパスワードなどを打ち込まないよう注意してください。

目次

  • bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールに注意
  • メールの宛先を確認しよう
  • パスワード情報などを打ち込んでしまった場合はパスワード変更を
  • 今後増加する恐れ、不審な電子メールに注意を

bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールに注意

大手仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールが確認されています。不審な電子メールとは上記画像のようなものです。おそらく偽サイトに誘導させてパスワード情報などを盗むことが目的と思われます。IDやパスワードなどを打ち込まないよう注意してください。

メールの宛先を確認しよう

仮想通貨が普及にすればするほど、こうした迷惑メールは増加することが考えられます。被害に遭わないためには、宛先の確認を徹底することが必要です。例えば、bitFlyerであればお知らせのメールなどは「~@bitflyer.jp、~@bitflyer.com」のアドレスから送信されます。@以下がこのドメインでない場合は偽メールの可能性があるのでリンク先をクリックしてはいけません。他の取引所も@以下のドメインが合っているか確認してください。

クリックしてしまった場合

メールでは気づくことができず偽サイトにアクセスしてしまった場合も、ドメインを確認するようにしましょう。bitFlyerであれば、「bitflyer.jp」か「bitflyer.com」が公式のドメインです。同じドメインを取得するのは不可能なので、「bitflyer.jp」もしくは「bitflyer.com」になっているか確認しましょう。「.jp」「.com」以下に続くURLは関係ありません。最近はサイトを巧妙に作りこんでおり、中身だけでは判断できない場合があります。必ずドメインを確認してください。

パスワード情報などを打ち込んでしまった場合はパスワード変更を

今回の偽メールでパスワードなどの情報を打ち込んでしまった場合は、すぐにパスワード変更をすることをおすすめします。後は二段階認証が必要です。二段階認証を設定していれば、仮にパスワードが流出しても被害を防げる可能性が高いです。

今後増加する恐れ、不審な電子メールに注意を

金融系サービスは不審な電子メールやウェブサイトによってパスワードが盗まれてしまう被害が多いです。仮想通貨も今後こうした被害が増える可能性があります。メールであってもウェブサイトであってもドメインの確認を徹底すれば、被害を防ぐことが可能です。

仮想通貨取引所の比較はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧