仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

株式会社リミックスポイントの子会社である株式会社ビットポイントジャパン(BITPoint)は、シグネチャファイルに依存しない未知のウィルスへの対策が可能なサイバーセキュリティソフトである「AppGuard」を導入しました。

目次

  • BITPoint、仮想通貨交換業者として初「AppGuard」を導入
  • 導入の背景
  • AppGuardについて

BITPoint、仮想通貨交換業者として初「AppGuard」を導入

株式会社リミックスポイントの子会社である株式会社ビットポイントジャパン(BITPoint)は、シグネチャファイルに依存しない未知のウィルスへの対策が可能なサイバーセキュリティソフトである「AppGuard」を導入しました。

「AppGuard」は特許技術である「Isolation(隔離)技術」を特徴としており、全てのプログラムを隔離し、適正に動作するプログラムのみを正として稼働可能にします。従来のセキュリティソフトは「検知型」と呼ばれ、既知のウィルスに対しては有効である一方、新種のウィルスには対応できないといった課題がありました。「AppGuard」はこの課題を克服したセキュリティソフトです。

導入の背景

BITPointは、昨年の平成29年12月に仮想通貨交換業者として警視庁「サイバー犯罪に対する共同対処協定書」を締結し、相互協力連携を強化することにより迅速なサイバー犯罪への対処を行ってきました。近年、サイバー犯罪等に関する相談件数は、130,011件にのぼり、仮想通貨に関連する相談件数も増加傾向にあります。また、国内外で仮想通貨交換所におけるハッキング被害は多数生じており、「安心・安全な仮想通貨取引」を実現させるためには、常により堅牢なセキュリティシステムの導入が求められます。

このたび、過去一度も破られたことないという実績をもち、大手インフラ企業でも採用が相次ぐ「AppGuard」を導入し、仮想通貨取引インフラの役割を担う仮想通貨交換業者として、より高水準なサイバーセキュリティ体制の実現を目指しています。

AppGuardについて

AppGuardは株式会社Blue Planet-worksがライセンスを保有しています。内閣サイバーセキュリティセンターが、平成30年7月に公表した「政府機関等の対策基準策定のためのガイドライン(平成30年度版)」において、未知の脅威への対策について、シグネチャにより検知する方式以外の手法を用いている製品導入する重要性がうたわれています。当該ガイドラインに適合している「AppGuard」は高水準のセキュリティを求められる大手インフラ企業等でも採用が進んでいます。

 

BITPointの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧