仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

株式会社DMM.comは、DMMグループの株式会社東京ビットコイン取引所が、2017年12月12日をもって株式会社DMM Bitcoinに商号変更を行い、平成30年1月11日より「DMM Bitcoin」ブランドにて、新たな仮想通貨取引システムサービスの口座開設申し込み受付を開始することを発表しました。

目次

  • 東京ビットコイン取引所が「DMM Bitcoin」に社名変更
  • 取引できる仮想通貨は7種類。現物取引3通貨ペア、レバレッジ取引14通貨ペア
  • 口座開設申し込み受付は2018年1月11日から

東京ビットコイン取引所が「DMM Bitcoin」に社名変更

株式会社DMM.comは、DMMグループの株式会社東京ビットコイン取引所が、2017年12月12日をもって株式会社DMM Bitcoinに商号変更を行い、平成30年1月11日より「DMM Bitcoin」ブランドにて、新たな仮想通貨取引システムサービスの口座開設申し込み受付を開始することを発表しました。なお、既に仮想通貨交換業者の登録申請書を関東財務局へ提出し、約2か月にわたる審査を経て、12月1日付で登録が完了しています。

取引できる仮想通貨は7種類。現物取引3通貨ペア、レバレッジ取引14通貨ペア

DMM Bitcoinでは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップル、NEM、イーサリアムクラシックと計7種類の仮想通貨が取引できます。現物取引はビットコイン/円(BTC/JPY)、イーサリアム/円(ETH/JPY)、イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)の3通貨ペア、レバレッジ取引は14通貨ペアの取引が可能です。現物取引よりもレバレッジ取引の方が充実していることは珍しく、これだけのアルトコインのレバレッジ取引ができる取引所は他にありません。レバレッジ倍率は5倍固定で証拠金維持率が80%を下回った時点でロスカットとなります。

その他特徴

株式会社DMM.com証券の「DMM FX」を通じて幅広い投資家の方々に好評いただいている取引ツールと同様な視認性と機能性を有する、利便性の高いPC版及びスマホアプリでの取引ツールを提供するようです。また、24時間365日での利用者サポートや各種手数料が無料等の充実したサービス内容となっています。

口座開設申し込み受付は2018年1月11日から

DMM Bitcoinの口座開設申し込み受付は2018年1月11日から開始されます。アルトコインのレバレッジ取引ができる取引所は珍しく、利用者にとって魅力的な取引所となりそうです。DMMグループはFX事業も展開しており、実績も十分なので安心感もあるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧