仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2018年1月から仮想通貨交換業の事業を開始しているDMM Bitcoin。早速タレントのローラさんを起用したテレビCMがスタートしました。「Cafe会話」篇と「Cafe読書」篇の2パターン制作されています。

目次

  • DMM Bitcoin、ローラさんを起用したテレビCMを開始
  • DMM Bitcoinとは
  • その他取引所のテレビCM
  • 認知度向上と規制強化

DMM Bitcoin、ローラさんを起用したテレビCMを開始



2018年1月から仮想通貨交換業の事業を開始しているDMM Bitcoin。早速タレントのローラさんを起用したテレビCMがスタートしました。「Cafe会話」篇と「Cafe読書」篇の2パターン制作されています。ビットコインの話題を提供する女性に対し、ローラさんが勘違いして受け答えするといった内容になっています。

大型プロモーションを実施

DMM Bitcoinはプロモーション活動に非常に力を入れている印象です。テレビCMやインターネット広告はもちろん、渋谷のスクランブル交差点前には大きな看板広告も出ていました。母体が大きいこともあり、他社にはなかなか真似できないプロモーションです。

DMM Bitcoinとは

DMM Bitcoinは2018年1月からサービスを開始しました。ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、リップル、NEMと7種類の仮想通貨を取引できます。他社と違う点は、レバレッジ取引の通貨ペアの豊富さです。現物取引はビットコインとイーサリアムだけですが、レバレッジ取引は7種類全て対応しています。アルトコインはビットコイン建てでのレバレッジ取引もできるため、計14通貨ペアでの取引が可能になっています。

DMM Bitcoinの詳細はこちら

その他取引所のテレビCM



テレビCMはDMM Bitcoin以外にも、bitFlyer、coincheckが開始しています。bitFlyerとcoincheckは昨年から放送されているので、ご覧になった方も多いでしょう。bitFlyerは成海璃子さん、coincheckは出川哲朗さんを起用したCMです。2018年はSBI、サイバーエージェントなど大手企業の参入も予定されているので、テレビCMを展開する取引所はまだまだ増えそうです。

bitFlyerの詳細はこちら


coincheckの詳細はこちら

認知度向上と規制強化

仮想通貨は1年前と比べると圧倒的に市民権を得てきたと言えるでしょう。法律改正や各社のプロモーションなどにより、徐々にマイナスイメージもなくなってきました。ただ、仮想通貨はまだ発展途上です。世界各国で規制強化の動きもあり、既に規制されている日本でも状況に合わせてルールが変わっていくでしょう。テレビCMをきっかけに仮想通貨に関心を持つ方も多いと思いますが、始める前にしっかり調べることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧