仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

株式会社フィスコのグループ企業である株式会社フィスコ仮想通貨取引所は、テックビューロ株式会社から、仮想通貨交換所「Zaif」事業を譲り受けることに関して、現状と今後のスケジュールを発表しました。

目次

  • フィスコ仮想通貨取引所、Zaif事業譲受の現状と今後のスケジュールを発表
  • 今後のスケジュール

フィスコ仮想通貨取引所、Zaif事業譲受の現状と今後のスケジュールを発表

株式会社フィスコのグループ企業である株式会社フィスコ仮想通貨取引所(FCCE)は、テックビューロ株式会社から、仮想通貨交換所「Zaif」事業を譲り受けることに関して、現状と今後のスケジュールを発表しました。

2018年12月26日0時時点の顧客承諾状況

FCCEへの承継に承諾した承認率は、残高ベースで約98%です。現在も承諾手続きを継続中ですが、いずれかの時点で未承諾口座の移管契約手続きを検討する予定です。

ハッキング被害にあった各仮想通貨の補償状況

譲渡効力発生時点(2018年11月22日)までにFCCEへの承継に承諾された口座については、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)の全てにおいて補償が完了しています。なお、11月22日時点以降にFCCEへの承継に承諾された口座については、2019年1月中に補償が完了する予定です。

今後のスケジュール

下記は現時点での予定です。
・2018年12月17日:ビットコイン(BTC)入出金再開
・2019年1月中:ZAIF,XCP,BCY,SJCX,FSCC,PEPECASH,CICC,NCXC入出金再開
・2019年1月中:BCH入出金再開
・2019年2月中:MONA入出金再開

下記については上記同様に早期再開を目指しており、具体的なスケジュールが決まり次第、お知らせする予定です。
・新規口座開設再開
・コイン積立(新規登録、引き落とし、買い付け)再開
・アフィリエイトプログラム再開
・Zaif Payment 再開
・マネパカード連携(出金&チャージ)
・仮想通貨交換所「FCCE」と「ZAIF」のシステム統合

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧