仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

GMOインターネットグループの仮想通貨取引所であるGMOコインは、沖縄サッカー夏の祭典「GMOコインpresents全島サッカー1万人祭り2018」を2018年7月7日(土)のサッカーJ3リーグ第17節「FC琉球vs藤枝MYFC」戦に合わせて開催しました。

目次

  • GMOコイン、「全島サッカー1万人祭り2018」を開催
  • スタジアム周辺でも様々なイベントを開催

GMOコイン、「全島サッカー1万人祭り2018」を開催

GMOインターネットグループの仮想通貨取引所であるGMOコインは、沖縄サッカー夏の祭典「GMOコインpresents全島サッカー1万人祭り2018」を2018年7月7日(土)のサッカーJ3リーグ第17節「FC琉球vs藤枝MYFC」戦に合わせて開催しました。

MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)を受賞した中川選手にGMOコインから「1ビットコイン」を贈呈

7千人を上回る観客が見守る中行われた「FC琉球vs藤枝MYFC」戦は3ー0でFC琉球が見事勝利。この勝利でFC琉球は暫定首位に浮上いたしました。そして、先制ゴールを決めたFC琉球・中川風希選手がMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)を受賞し、GMOコインから賞金として、仮想通貨「1ビットコイン」が贈呈されました。

た、FC琉球がJ2に昇格した際には、沖縄でのサッカーの振興とFC琉球の更なる活躍を奨励し、GMOコインより昇格ボーナスとして「10ビットコイン」を贈呈します。

スタジアム周辺でも様々なイベントを開催

さらに、サッカー観戦が初めての方にも試合前から楽しんでいただけるよう、スタジアム周辺では夏祭りをイメージしたフードコーナーや音楽ライブなどが開催されました。GMOコインのブースでは、FC琉球選手のフォトパネルが登場し、多くのお客さまに来場の記念として撮影を楽しんでいただきました。

FC琉球について

FC琉球は、2003年に発足した、沖縄県沖縄市をホームタウンとするJ3リーグ所属のプロサッカークラブです。「沖縄県民に愛され誇りとなれるクラブ作り」を目指しており、現在は、沖縄県民とサポーターと共に「J2昇格」、その先の「J1昇格」を目標としています。

 

GMOコインの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧