仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

GMOインターネットグループの仮想通貨取引所であるGMOコインが、全取り扱い仮想通貨のレバレッジ取引を2018年5月30日より開始しました。これまでレバレッジ取引に対応していたのはビットコインのみでしたが、新たにイーサリアム、XRP(リップル)、ビットコインキャッシュ、ライトコインが追加されます。

目次

  • GMOコインが全取り扱い仮想通貨のレバレッジ取引を開始
  • レバレッジ取引のメリット
  • アルトコインのレバレッジ取引対応は珍しい

GMOコインが全取り扱い仮想通貨のレバレッジ取引を開始

GMOインターネットグループの仮想通貨取引所であるGMOコインが、全取り扱い仮想通貨のレバレッジ取引を2018年5月30日より開始しました。これまでレバレッジ取引に対応していたのはビットコインのみでしたが、新たにイーサリアム、XRP(リップル)、ビットコインキャッシュ、ライトコインが追加されます。これによりGMOコインでは、全5通貨の現物取引とレバレッジ取引がそれぞれ可能になりました。

 

GMOコイン取り扱いの5仮想通貨

レバレッジ取引のメリット

レバレッジ取引のメリットは、証拠金を担保に自己資金以上の取引ができる点です。GMOコインの最大レバレッジ率は10倍(ビットコインのみ、アルトコインは最大5倍)ですので、10万円あれば100万円分の取引ができることになります。また、現物取引は価格が安い時に買い、高くなったら売る、いわゆる買いから入ることしかできませんが、レバレッジ取引なら売りから取引を開始することもできるため、下落相場の中でも利益を狙うことができます。

ただし、当然リスクは大きくなります。特に仮想通貨はボラティリティが大きいので、レバレッジ取引はFX(外国為替証拠金取引)と比べてもリスクが大きいと言えます。

アルトコインのレバレッジ取引対応は珍しい

アルトコインのレバレッジ取引に対応している取引所は非常に珍しいです。国内で唯一ともいえる存在が、6種類のアルトコインのレバレッジ取引ができるDMM Bitcoinでした。GMOコインがDMM Bitcoinと違う点は、現物取引もできることです。DMM Bitcoinの現物取引はビットコインとイーサリアムのみですので、両方の取引がしたい方はGMOコインがいいでしょう。

GMOコインが対応したことで、他社にも同様の動きが出てくるかもしれません。

 

GMOコインの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧