仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨取引所のGMOコインで11月13日にシステム障害が発生しました。提示されたレートと異なるバグレートで約定したりアクセスできなくなったりする障害です。GMOコインが発表した今後の対応について紹介します。

目次

  • GMOコイン、システム障害に関する対応を発表
  • 今後の対応
  • 事後対応の重要性

GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

仮想通貨取引所のGMOコインで11月13日にシステム障害が発生しました。提示されたレートと異なるバグレートで約定したりアクセスできなくなったりする障害です。具体的な内容は以下の通りです。

(調査結果)
同日21時40分〜23時14分
仮想通貨FXをご利用のお客様の一部において、提示されたレートと異なるバグレートで約定するという事象が生じました。

同日23時29分〜23時45分
GMOコインのウェブサイトにアクセスしにくくなるという事象が生じました。

同日23時45分〜24時01分
システムがダウンし、GMOコインのウェブサイトにアクセスすることができないという事象が生じました。

今後の対応

GMOコインはこの障害を受けたお客様に対し、以下の対応を発表しました。

①本障害時に正常なレートよりもお客様に不利なレートで約定した成行注文につきましては、その差額分をご入金させていただきます。
②本障害時に正常なレートで約定すべきであった指値・逆指値の決済注文につきましては、実際の約定価格よりも正常なレートによる約定価格の方がお客様に有利な場合に限り、その差額分をご入金させていただきます。
※本障害時に同じ建玉につき複数回の決済注文及びその取消しを繰り返されたお客様につきましては、最初のご注文の価格を基準といたします。
※指値・逆指値の新規注文は、ご入金の対象となりません。
※IFD、OCO、IFD-OCOも上記に準じます。
③上記①②以外のお取引は、ご入金等の対象となりません。正常なレートよりもお客様に有利なレートで約定したご注文につきましては、差額分をご返金いただく必要はございません。

まとめると不利なレートで約定した成行注文など、顧客が損をしている場合は返金の対応を行うという内容です。

対応状況

2017年11月13日23時台に発生したシステム障害に関しては、2017年11月14日0時過ぎにサービス復旧が完了、その後安定稼働を確認しているようです。2017年11月13日21時台に発生したシステム障害に関しては、現在、本障害の影響を受けたお客様及び注文の特定を進めており、対応方針に従い対応するようです。

事後対応の重要性

システム障害は起きないに越したことはないですが、起きてしまったら事後対応で解決するしかありません。今回のGMOコインの対応は顧客の損失を補填する内容であり、一定の理解を得られるのではないでしょうか。仮に今後システム障害が起きても安心できる内容になっていると思います。

GMOコインの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧