仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

QUOINE株式会社は、9月5日(水)、新しい仮想通貨取引所サービス「Liquid by Quoine」の提供を開始しました。「Liquid」の提供にあわせて、これまで運営していたQUOINEX(コインエクスチェンジ)から「Liquid」へブランド変更されます。

目次

  • QUOINE、「Liquid」の提供開始
  • 「Liquid」の概要

QUOINE、「Liquid」の提供開始

QUOINE株式会社は、9月5日(水)、新しい仮想通貨取引所サービス「Liquid by Quoine」の提供を開始しました。「Liquid」の提供にあわせて、これまで運営していたQUOINEX(コインエクスチェンジ)から「Liquid」へブランド変更されます。

「Liquid」の概要

仮想通貨市場の発展の上で、これまで大きな障壁となってきたのが「流動性の欠如」です。「Liquid」は、既存の金融業界に比べて圧倒的に流動性の小さい仮想通貨市場に点在する「流動性」を束ね、より大きな「流動性」を提供することで、市場の安定を促進し、大きな流動性の下で投資家の方々により安心して仮想通貨を売買してもらうことを目的とした世界初のプラットフォームです。

「Liquid」の中核である「ワールドブック」は、これまでBTC/JPY、BTC/USDなど建値通貨ペア毎の板に分かれていたユーザーの注文をリアルタイムで自動的に通貨換算することで、通貨ペア毎に異なっている流動性を束ねて単一のオーダーブックに統合し、お客様が選択した通貨建てでの取引を可能とします。

「ワールドブック」は、利用者が「Liquid」上で発注した全ての注文を統合した「内部オーダーブック」と、世界中でQUOINE社と繋がっているパートナーの取引所や投資家(ワールドブック・パートナーズ)の注文を集約した「外部集約オーダーブック」から構成されます。今回、「Liquid」における新サービス提供の第一段階として、「内部オーダーブック」について、BTC、ETH、BCH、QASHと法定通貨との通貨ペアに限定してサービス提供を開始します。今後、「Liquid」を通じたさらなる「流動性」の提供を目指すべく、「Liquid」の安定稼働を確認しながら、「内部オーダーブック」において対応する通貨ペアを徐々に拡大すると共に、「外部集約オーダーブック」についてもサービスの提供を予定しています。

また、グローバル版「Liquid」では先行して提供開始していますが、「レンディング(仮想通貨貸出)」や、「QASHユーティリティ」(取引手数料の割引や「Liquid」コミュニティ内での投票などに利用可能)についても、日本の法規制を遵守したうえで適切な態勢を整備でき次第、日本市場でも提供を予定しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧