仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2017年12月に入りリップル(XRP)価格が高騰しています。20円~30円で推移していた価格は一時99円まで高騰。2017年前半に記録した過去最高価格を大きく更新しました。リップルは国内複数の仮想通貨取引所で取引することができますが、おすすめの取引所はあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。

目次

  • リップル(XRP)価格の高騰
  • リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?
  • 複数社使ってみるのがおすすめ

リップル(XRP)価格の高騰

2017年12月に入りリップル(XRP)価格が高騰しています。20円~30円で推移していた価格は一時99円まで高騰しました。リップルは2017年当初、1円にも満たない価格でしたが、4月~5月にかけて高騰し50円台を記録しました。実に100倍近くになったわけですが、今回の高騰は2017年前半の高騰の再来ともいえる出来事でした。

リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?

リップルはcoincheck、GMOコイン、bitbank.ccなどで取引することができます。それぞれの特徴やメリット・デメリットなどを紹介します。

coincheckのリップル取引

coincheckは最近テレビCMを開始したことでも話題の大手仮想通貨取引所です。リップル含め、国内最多13種類の仮想通貨を取引できます。

coincheckのリップル取引の特徴は、販売所で売買ができる点です。一般的な板方式でのユーザー間取引(取引所取引)ではなく、coincheck社との相対取引です。販売所のメリットは提示された価格で必ず約定することです。取引所取引の場合、ある程度大口の取引になると板に並んだ一つの価格では約定せず、複数価格にまたがってしまいます。結果として購入価格が高くなってしまうことも珍しくありません。coincheckの場合は1,000円単位でも100万円単位でも提示された価格で約定します。また、coincheckは初心者にもわかりやすい売買画面が特徴で、アプリでの取引も可能です。

デメリットはスプレッドの大きさです。スプレッドとは買値と売値の差です。買値が100円、売値が110円だとした場合、10%以上価格上昇しないと利益が出ないことになります。つまり、短期売買は難しく、購入して中長期で保有したい方に向いています。
coincheckの詳細はこちら

GMOコインのリップル取引

GMOコインはインターネット事業やFX事業で有名なGMOグループの仮想通貨取引所です。GMOコインもcoincheckと同様に販売所でリップルを取引できます。メリットはcoincheckと同様です。デメリットも同様ですが、スプレッドはcoincheckよりも小さく、短期売買もできなくはありません。
GMOコインの詳細はこちら

bitbank.ccのリップル取引

bitbank.ccはcoincheckとGMOコインとは違い、板方式のユーザー間取引でリップルの売買ができます。bitbank.ccは6種類の仮想通貨を扱っていますが、全て板方式で提供されています。メリットはスプレッドの小ささです。販売所よりも有利な価格で売買できることが多いです。デメリットは大口取引には向いていないことです。流動性もそこまで高くないため、100万円単位の取引になると販売所よりも割高になってしまう可能性があります。
bitbank.ccの詳細はこちら

複数社使ってみるのがおすすめ

coincheck、GMOコイン、bitbank.ccとリップルを扱う取引所について紹介しました。各社メリット・デメリットがあり、取引目的に応じて使い分けるのがいいでしょう。状況によって変わることもあるため、複数社口座開設しておくのがおすすめです。リップル取引に限っては、coincheckかGMOコインのどちらかとbitbank.ccといった使い分けがいいのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧