仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

SBIバーチャル・カレンシーズが2018年6月4日よりサービスを開始しました。まずは2017年10月に先行予約で口座開設の申込みをした2万名超の顧客を対象としてサービスを開始します。一般の口座開設の申込み受付は2018年7月中を予定しています。

目次

  • SBIバーチャル・カレンシーズがサービス開始。一般口座開設は7月中
  • XRP/JPYのみでスタート

SBIバーチャル・カレンシーズがサービス開始。一般口座開設は7月中

SBIバーチャル・カレンシーズが2018年6月4日より仮想通貨の現物取引サービス「VCTRADE」のサービスを開始しました。まずは2017年10月に先行予約で口座開設の申込みをした2万名超の顧客を対象としてサービスを開始します。一般の口座開設の申込み受付は2018年7月中を予定しています。

SBIバーチャル・カレンシーズは、2017年9月に仮想通貨交換業の登録を完了し、かねてより開業に向けて準備を進めてきました。時間が掛かった要因として、セキュリティの強化が挙げられていますが、セコム株式会社のグループ会社でBPO・ICT事業を担うセコムトラストシステムズ株式会社とウォレットの運営に関して提携し、万全の体制でのサービス提供をします。

XRP/JPYのみでスタート

気になる取り扱い通貨ですが、まずは先行してXRP(リップル)を取り扱い、順次ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)へと拡大することを予定しています。

また、業界最低水準のスプレッドはもちろんのこと、SBIジャパンネクスト証券のPTSにおいて運用実績のある、米国の大手証券取引所NASDAQの取引システム(マッチングエンジン)を利用した世界最高水準の低遅延な取引環境を提供します。

大本命が満を持して

いよいよ仮想通貨交換業者の大本命ともいえるSBIバーチャル・カレンシーズがサービスを開始しました。かねており、業界最低水準のスプレッドを実現すると宣言しており、仮想通貨交換業は新たな競争へと入っていきそうです。事前口座開設者は2万名超と発表されていますが、一般受付が開始され、どの程度新たな利用者を獲得できるか、SBIグループの利用者がどの程度仮想通貨取引を始めるのかなど注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧