仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨取引所のSBIバーチャル・カレンシーズは、71歳以上の口座開設申込の受付を開始することを発表しました。SBIバーチャル・カレンシーズの口座開設は日本居住の20歳〜70歳の個人が対象でしたが、年齢上限がなくなることになります。

目次

  • SBIバーチャル・カレンシーズ、71歳以上の口座開設申込受付開始
  • 他の取引所は?

SBIバーチャル・カレンシーズ、71歳以上の口座開設申込受付開始

仮想通貨取引所のSBIバーチャル・カレンシーズは、71歳以上の口座開設申込の受付を開始することを発表しました。SBIバーチャル・カレンシーズの口座開設は日本居住の20歳〜70歳の個人が対象でしたが、年齢上限がなくなることになります。理由はわかりませんが、おそらく71歳以上にも需要があるということでしょう。SBIを利用して株式投資をしている70歳以上の層から要望があるのかもしれません。

他の取引所は?

他の取引所では、年齢上限を設けていることは少ないです。基本的には、満20歳以上の個人を対象にしている場合が多くなっています。未成年者の登録に関しては、受け付けていない取引所もありますが、親権者と本人の続柄を確認できる証明書類、親権者の同意書があれば認めているところもあります。

自主規制ルールでも議論か

現在、日本仮想通貨交換業協会は自主規制ルールを策定していますが、未成年者の取引は議論になっていると言われています。現在未成年者の取引は禁止されていませんが、報道によれば、親権者の同意書や年齢制限を設ける案が出ているようです。若いうちからの投資はプラスに働く部分もあるため、年齢制限ではなく同意書などで規制するのがベターではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧