仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨取引所のZaifで好評を集めている「コイン積立」。Zaifが12月27日に発表した内容によると、前月に比べ利用者が40%以上増加し、積立金額は65%以上増加していることがわかりました。

目次

  • Zaifのコイン積立。積立額が前月比で65%増
  • 運用方法の一つとして利用しても
  • Zaifについて

Zaifのコイン積立。積立額が前月比で65%増

仮想通貨取引所のZaifで好評を集めている「コイン積立」。Zaifが12月27日に発表した内容によると、前月に比べ利用者が40%以上増加し、積立金額は65%以上増加していることがわかりました。

コイン積立とは

コイン積立とは、仮想通貨を毎月積立てて投資できるサービスです。1日毎に指定の仮想通貨を買い付け、積み立てを行っていきます。買い付けは自動的に行われ、買い付けのタイミングを計ったり取引所の注文を管理したりという手間は一切かかりません。積立可能な仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、NEM、モナコインの4種類。積立額は毎月1000円から設定が可能です。

コイン積立のメリット・デメリット

コイン積立のメリットはローリスクローリターンな運用が期待できる点です。毎月一定額を積み立てるため、相場の上がり下がりに影響を受けにくくなっています。価格が高い時は高値掴みを避けて少ない量を購入できますし、価格が安い時は多くの量を買うことができるのです。

デメリットはローリスクといえど元本割れのリスクはあること、高いリターンは期待できないことです。

運用方法の一つとして利用しても

仮想通貨はボラティリティが大きく、ハイリスクな投資と言われていますが、積立投資は価格変動を吸収できるためローリスクな運用が可能です。通常の仮想通貨現物投資やレバレッジ取引と組み合わせて利用を検討してみてもいいでしょう。通貨によって分けてもいいですし、同じ通貨で組み合わせてもいいでしょう。積立投資が運用手段の一つとして選択肢にあることで、可能性は広がります。

Zaifについて

Zaifはビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、NEM、モナコイン5種類の仮想通貨とCMS(COMSA)、ZAIF、PEPEなど10種類ほどのトークンを扱っています。トークンを含めると取り扱い仮想通貨は国内最多です。豊富な仮想通貨が取引できることに加えて、ビットコインの取引手数料がマイナス0.01%など、取引コストが安い点が特徴です。
Zaifの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧