仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

テックビューロ・ヨーロッパ株式会社は、世界的な機械式腕時計ブランドであるChronoswiss社と、仮想通貨をモチーフにした「クリプトデザイン」高級腕時計コレクション(全5種)を製作しました。Zaif仮想通貨取引所にて入札による限定販売を実施します。

目次

  • テックビューロ、仮想通貨をモチーフにしたスイス製高級腕時計をZaifで限定販売
  • COMSAプラットフォームにおけるICOを検討

テックビューロ、仮想通貨をモチーフにしたスイス製高級腕時計をZaifで限定販売

テックビューロ・ヨーロッパ株式会社は、世界的な機械式腕時計ブランドであるChronoswiss社と、仮想通貨をモチーフにした「クリプトデザイン」高級腕時計コレクション(全5種)を製作しました。Zaif仮想通貨取引所にて入札による限定販売を実施します。

オークションでは、トークンと同様に腕時計が取り扱われ、モチーフとする仮想通貨によってそれぞれ入札できます。入札は買い注文を入れる事で簡単に行われ、各シリーズの上位101番目までの高額入札者が、腕時計の所有権を獲得します。

オークション開始時期は2018年4月13日(金)〜4月27日(金)を予定しています。

文字盤にシリアルナンバーが刻印

高級腕時計はBitcoin (the currency)、NEM (the harvest)、Ethereum (the contract)、Zaif (the exchange)、COMSA (the token)の5種類で、文字盤には1~101のシリアルナンバーが刻印されています。

COMSAプラットフォームにおけるICOを検討

スイスを拠点とするテックビューロ・ヨーロッパとChronoswiss社は、スイスをその開催地としてCOMSAプラットフォームにおけるICOの実施について検討を始めたことも発表しました。COMSAはしばらく新たな発表がなく、CMSトークンの価格は下落していましたが、この発表を受けて価格は上昇しています。

Zaif仮想通貨取引所の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧