仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨交換所のZaifは、不正アクセスによりハッキング被害を受け、約67億円相当の仮想通貨が流出したことを発表しました。流出した仮想通貨は、ビットコインが5966BTC、ビットコインキャッシュとモナコインは調査中です。

目次

  • Zaif、67億円相当の仮想通貨が流出
  • 今後の対応について

Zaif、67億円相当の仮想通貨が流出

仮想通貨交換所のZaifは、不正アクセスによりハッキング被害を受け、約67億円相当の仮想通貨が流出したことを発表しました。流出した仮想通貨は、ビットコインが5966BTC、ビットコインキャッシュとモナコインは調査中です。

ハッキングの詳細

入出金用のホットウォレットを管理するサーバに対し、2018年9月14日17時頃から19時頃までの間、外部からの不正アクセスが行われ、当該ホットウォレットで管理している仮想通貨(BTC、MONA、BCH)が不正に送金されました。具体的な不正アクセスの手法等については、本件が犯罪事件であり、既に捜査当局に被害申告をして捜査を依頼していることや、今後の同種犯行を予防するためにも、公表を差し控えるということです。

預かり資産分は45億円相当

消失した約67億円相当の仮想通貨のうち、Zaifの固有の資産は約22億円相当であり、お客様の預かり資産に相当する仮想通貨は約45億円となります。

今後の対応について

Zaifは、9月17日にサーバ異常を検知し、翌18日にはハッキング被害が確認されたため、財務局へ報告を行うとともに、原因分析、捜査当局への被害申告等を行ってきたといいます。現在、仮想通貨の入出金のシステム再稼働に向けて、セキュリティのチェック及び強化、サーバの再構築等を行っているということです。

顧客資産について

Zaifは本件発覚後、直ちに以下の支援の要請を行い、既に支援に関する契約の締結を行いました。支援の内容は、(1)消失したお客様の預かり資産に相当する財産の提供、(2)セキュリティ向上のための技術・人員の提供、(3)経営基盤の向上のための資本提携、経営陣の派遣、などになります。

9月20日、JASDAQ上場企業である株式会社フィスコのグループ企業である株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて、Zaifに対して、50億円を提供する金融支援、Zaifの株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役及び監査役の派遣、を検討する内容とする基本契約を締結するに至っているようです。

現経営陣は、本件に関して対応をし、お客様の資産を保全することに尽くし、過半数の支配権を取得するフィスコグループの経営陣に引継等をする責務を全うした場合、経営責任として弊社の役員を退任する方針です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧