仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

Zaifは国内大手の仮想通貨取引所です。ビットコイン・NEM・モナコインの売買ができ、信用取引・AirFX・先物とレバレッジ取引も充実しています。Zaifは現物取引でもリミット売り・リミット買いの設定ができ、自動的に利確を行うことができます。

目次

  • Zaifの特徴
  • Zaifの注文方法(現物取引)
  • Zaifの注文方法(レバレッジ取引)
  • 成行注文はできる?
  • Zaifの注文方法を押さえよう

Zaifの特徴

Zaifは国内大手の仮想通貨取引所です。2014年からサービスを展開しています。ビットコイン・NEM・モナコインの売買ができ、信用取引・AirFX・先物とレバレッジ取引も充実しています。信用取引は最大7.77倍、AirFX・先物は最大25倍のレバレッジが可能です。コイン積立という毎月一定額をドルコスト平均法により投資できる比較的ローリスクなサービスも用意されています。

Zaifの詳細はこちら

Zaifの注文方法(現物取引)


まずは取引したいメニューを選択してください。「BTC AirFX」は最大25倍のFX取引、「四半期6月(07-01)」となっているのは先物取引です。それ以外の「BTC/JPY」「XEM/JPY」「XEM/BTC」などのメニューが現物取引もしくは信用取引の画面になります。

画像はビットコインの現物取引・信用取引(BTC/JPY)の画面です。注文画面は「現物買い」を選択しています。通常、価格と数量を入力して購入しますが、Zaifでは任意で「リミット売り」の価格も設定できます。利確のための反対売買の指値と考えてください。つまり、売りたい価格を予め設定しておくことができます。相場を常に確認するのは難しいので、自動で行えるのは便利です。
現物売りの場合は、リミット買いの価格を任意で設定できます。リミット買いの価格になったら、自動的に指定した数量分の買いが行われます。利確して押し目と判断する価格で自動的に買い戻すことができ便利です。

Zaifの注文方法(レバレッジ取引)


信用取引を例に出して紹介します。画像の注文画面は「信用買い」を選択しています。価格と数量を入力するまでは現物と一緒です。後はレバレッジ倍率を決めてください。最大7.77倍まで設定できます。1BTCの取引をするには約31万円(6月6日時点のレート)かかりますが、7.77倍に設定しているので証拠金は約4万円で済みます。

後は任意でリミット売りの価格とストップ価格を決めてください。リミット売りは利確したい価格を、ストップは損切りの価格を設定します。信用売りの場合は価格が下がれば利益を出せるので、リミット買いは現在レートよりも低い価格を、ストップは現在レートよりも高い価格を設定します。

成行注文はできる?

Zaifは数量のみ指定での成行注文はできません、ただ、現在出ている注文より高い価格もしくは低い価格を設定することで即時に注文が成立するため、実質成行で注文を処理することができます。

Zaifの注文方法を押さえよう

Zaifは注文時にリミット売り・リミット買いの設定ができる点が特徴です。他の取引所ではできない場合もあり、便利な注文方法になります。Zaifは信用取引も同じ画面で行うことができ使いやすいです。取引所によって注文方法や種類に違いがあるので、事前に確認しておくことが重要です。
Zaifの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧