仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

大手仮想通貨取引所のZaifでは、ビットコインの取引手数料をマイナス0.01%からマイナス0.05%へ引き下げるキャンペーンを開催中です。取引するだけで手数料分が受け取れるので、ビットコイン購入を考えている方は検討してみてもいいかもしれません。

目次

  • Zaifのビットコイン取引手数料がマイナス0.05%に引き下げ中
  • ZaifはTaker手数料もマイナス0.01%
  • 手数料は取引所選びの重要な要素

Zaifのビットコイン取引手数料がマイナス0.05%に引き下げ中


大手仮想通貨取引所のZaifでは、ビットコインの取引手数料をマイナス0.01%からマイナス0.05%へ引き下げるキャンペーンを開催中です。10月13日から開催されていて終了日時は未定ですが、1ヶ月から数ヶ月を予定しており、終了の際は1週間前までに告知されます。手数料がマイナス0.05%なので、100万円分のビットコインを購入すれば500円受け取れることになります。頻繁に売買を繰り返す場合は非常にお得です。

BTC/JPYのmaker手数料が対象

マイナス0.05%の手数料が適用されるのは、BTC/JPY(日本円でのビットコイン取引)のmaker手数料です。makerとは新たに板(気配値)に注文を並べることです。対するTakerは板(気配値)に並んだ注文を消化することを言います。「make=作る」、「Take=取る」と考えるとわかりやすいです。

こちらはZaifの板情報です。板に並んでいる最も安い売り注文は633,495円です。この金額以上で買い注文を出せば、板の注文は消化されるためTakerになります。一方、633,495円以下で買い注文を出した場合は、売り注文がないためすぐに約定しません。これがMakerということです。

ZaifはTaker手数料もマイナス0.01%

Zaifは国内仮想通貨取引所の中で取引手数料が最も安いです。通常時においても、Maker・Taker手数料共にマイナス0.01%となっています。また、ビットコインに加えてモナコインもマイナス0.01%の手数料が適用されています。

その他仮想通貨の取引手数料

Zaifではビットコインとモナコイン以外に、イーサリアム、NEM、ビットコインキャッシュの取り扱いがあります。取引手数料は以下の通りです。

・イーサリアム
maker0%、taker0.1%

・NEM
maker0%、taker0.1%

・ビットコインキャッシュ
maker0%、taker0.3%

手数料は取引所選びの重要な要素

手数料は利用者が負担する必要のあるコストです。仮想通貨取引所を選定するにあたっては、重要な要素となります。Zaifではビットコインとモナコインにおいてマイナス手数料が適用されており、取引を頻繁に繰り返しても負担するコストはありません。その他の仮想通貨もMaker手数料は全て0%となっています。
Zaifの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧