仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

Zaifはテックビューロが運営する仮想通貨取引所です。テックビューロはZaifだけでなく、ICOプラットフォームの「COMSA」、プライベートブロックチェーン製品「mijin」と幅広く展開しています。Zaifの魅力、特徴、評判などを紹介します。

目次

  • Zaif(ザイフ)とは
  • Zaifの魅力や特徴
  • Zaifの評判
  • Zaifを利用してみては

Zaif(ザイフ)とは

Zaifはテックビューロが運営する仮想通貨取引所です。2014年から運営されています。2017年9月には金融庁に登録事業者として認可されました。テックビューロはZaifだけでなく、ICOプラットフォームの「COMSA」、プライベートブロックチェーン製品「mijin」と幅広く展開しています。

Zaifの魅力や特徴

Zaifの魅力は取引コストの安さと投資方法の多様さです。ビットコインの取引手数料は0.01%となっており、国内取引所最安です。ビットコイン以外のアルトコインの手数料も0%~0.3%程になっています。通常の現物取引に加えて、信用取引、FX取引、積立投資など多様なサービスを提供しています。中でも積立投資はZaifのみが提供するサービスで、毎日一定額を積み立てることでローリスクローリターンな運用が可能です。

トークンの購入ができる

Zaifでは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、NEM、モナコインと5種類の仮想通貨を扱っていますが、それ以外に豊富なトークンを売買することができます。例えばZaifが発行するZAIFトークン。性質的には株式に似ていますが、株式のような配当や議決権はなく、基本は発行元を応援するために購入するといった意味合いが強いです。ZAIFトークン以外にも複数のトークンがあります。

COMSAのCMSトークンやICOを実施したトークンの売買

大きな話題を集めたCOMSAのCMSトークンも今後Zaif取引所で売買できるようになる予定です。また、今後COMSA上で実施されるICOの独自トークンもZaif取引所で売買できるようになります。こうしたトークンの売買ができるのは国内ではZaifのみで、魅力の一つと言えるでしょう。

Zaifの評判

Zaifは取引コストの安さや投資方法の多様さなどが評価され、多数のユーザーを抱えています。利用する上でのデメリットを挙げるとすれば流動性です。決して低いわけではないですが、bitFlyerやcoincheckなどに比べると、やや流動性が低い印象があります。

Zaifを利用してみては

Zaifは5種類の仮想通貨と豊富なトークンを取り扱っています。取引コストが安く、積立投資など特徴的なサービスも好評です。取引コストを抑えたい、トークンの購入がしたい、ローリスクからハイリスクまで多様な運用がしたいなどのニーズに合致する取引所と言えるでしょう。

Zaifの口座開設はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧