ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

オススメ取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は日本初のビットコイン取引所として2014年からサービス提供をしています。2016年下半期の国内ビットコイン取引高の約6割を占めています。メガバンク系のベンチャーキャピタルやリクルートなど大手企業が株主に名を連ね、豊富な資金力を背景にサービスやセキュリティを高めています。仮想通貨取引以外に、ビットコインをAmazonギフト券やnanacoギフト券などに交換できるサービスがあったり、多様なキャンペーンが展開されていたりします。

取り扱い仮想通貨の一覧

無料口座開設はこちら

手数料

現物取引手数料 0.01%~0.20%
出金手数料 ・216円~756円(日本円出金)
・0.0005BTC(ビットコイン出金)
レバレッジ取引手数料 0.04%(借入手数料/日)
最大レバレッジ 25倍
追証・ロスカット基準 ・証拠金取引維持率80%以下(追証)
・証拠金取引維持率50%以下(ロスカット)
独自サービス ・販売所あり
・クレジットカード利用可
運営者 株式会社bitflyer
代表者 加納裕三
設立 2014年1月
無料口座開設はこちら

口座開設方法

メールアドレスやfacebookでアカウントを作成

まずはbitFlyerの公式サイトにアクセスしてアカウントを開設します。bitFlyerではメールアドレス、facebook、Yahoo!ID、GoogleIDと4つの方法でアカウント作成が可能です。メールアドレスの場合はアカウント登録確認メールが届くので、本文に記載された「キーワード」を入力します。Facebook、 Yahoo!、Googleで行った場合は、それぞれのアカウントに登録しているメールアドレス宛に確認メールが届きます。同じようにキーワードを入力してください。

基本情報入力や本人確認書類の提出

アカウント開設後にログインしたら、「携帯電話番号認証」「ご本人情報登録」「銀行口座情報登録」「ご本人確認書類の提出」の4つを行ってください。管理画面右側の赤枠部分から行えます。画像では既に「登録済み」や「確認済み」となっていますが、完了していない場合は「未登録」など赤字で表示してくれています。

携帯電話番号認証は携帯電話番号を入力し、送られてくるショートメール(SMS)に記載された確認コードを入力すれば完了です。ご本人情報登録は氏名や住所など基本情報を入力します。銀行口座情報登録は登録者と同じ名義の銀行口座を登録してください。日本円入出金の際に必要です。ご本人確認書類の提出は運転免許証や保険証、パスポートなどの写真を撮影してアップロードします。

■本人確認書類提出後は、はがきの受け取りが必要

本人確認書類の提出後に住所確認のためはがきが郵送されてきます。このはがきを受け取って正式に本人確認が完了です。取引所によっては、はがきに記載されている情報を入力する必要がありますが、bitFlyerの場合は受け取るだけで完了します。

日本円の入金方法

本人確認書類の確認などが完了すれば、日本円を入金して取引を始められます。画像赤枠の「入出金」から行うことができます。bitFlyerはクレジットカード決済も可能ですが、手数料分高くなってしまうので、日本円での購入がおすすめです。

入金口座は三井住友銀行と住信SBIネット銀行から選ぶことができます。それぞれ入金にあたっての指示が記載されていますので、その通りに入金をしてください。住信SBIネット銀行の口座を持っているなら、手数料が安いので三井住友銀行よりもお得です。

「ビットコインをもらう」サービスでは、楽天市場やYahoo!ショッピングでの商品購入でビットコインがもらえるキャンペーンもあり、非常に利用しやすいです。キャンペーンは350以上あるので、利用したいサービスが見つかると思います。

bitFlyerに口座開設してお得に利用しよう

bitFlyerは国内ナンバーワンのシェアを誇るだけあり、投資環境が整っており周辺サービスも充実しています。キャンペーンの中には数万円分のビットコインがもらえる内容もあるので、お得にビットコインを入手できてしまう可能性もあります。さまざまな目的で利用できる取引所です。

無料口座開設はこちら

仮想通貨新着ニュース

さらにbitFlyer(ビットフライヤー)の記事をみる

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧