ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

オススメ取引所 Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)は2014年に設立された取引所です。取引手数料がマイナス0.01%に設定されていて、取引を行うことで逆に手数料をもらえるのが特徴です。ビットコイン以外に日本発の仮想通貨であるモナコインや注目を集めているNEMの取引ができる点も魅力になっています。「コイン積立」という仮想通貨をドルコスト平均法で毎月積み立てられるローリスクな投資方法も提供しています。

取り扱い仮想通貨の一覧

無料口座開設はこちら

手数料

現物取引手数料 マイナス0.01%
出金手数料 ・350円~756円(日本円出金)
・0.0005BTC(ビットコイン出金)
レバレッジ取引手数料 0.039%(借入手数料/日)
0.7%(決済時利益)
最大レバレッジ 7.77倍(信用取引)
25倍(AirFX・先物取引)
追証・ロスカット基準 ・なし(追証)
・証拠金取引維持率30%以下(ロスカット)
独自サービス ・販売所あり
・クレジットカード利用可
・コイン積立
運営者 テックビューロ株式会社
代表者 朝山貴生
設立 2014年6月
無料口座開設はこちら

口座開設方法

Zaifのアカウントを開設

まずはZaifのホームページにいきアカウントを開設します。「無料登録はコチラ」から、メールアドレスを送信し、自動返信メールを受信。自動返信メールに記載されているURLにアクセスして、パスワードを登録すればアカウント登録は完了です。登録したメールアドレスとパスワードは忘れないよう、安全な方法でメモを取っておきましょう。

Zaifのホームページはこちら↓

基本情報と口座情報の入力

アカウント登録後、基本情報と口座情報の入力をします。名前・住所・電話番号など基本的な情報を入力するだけなので、難しい点はありません。口座情報はZaifに日本円を入金したり出金したりする際に必要です。Zaifはクレジットカードでビットコインやモナコインの購入ができますが、手数料分高くなってしまうので、日本円で購入するのが最もおすすめな方法です。

電話番号認証と本人確認書類の提出

次に電話番号認証と本人確認書類の提出が必要です。電話番号確認は携帯電話番号を入力して送信を押してください。ショートメール(SMS)により認証コードが送信されてきます。そのコードを登録すれば電話番号認証は完了です。

本人確認書類は運転免許証や保険証、パスポートなどが有効です。写真を撮影してアップロードします。運転免許証、住基ネットカード、在留カード以外は、別途住所記載の書類(公共料金、携帯電話、固定電話の請求書)が必要です。3ヶ月以内のものに限るので注意してください。こちらも写真を撮影してアップロードしましょう。

■郵送による本人確認

本人確認書類の提出後、郵送による本人確認が必要になります。といっても利用者から郵送が必要なのではなく、Zaifから送付される書類を受け取って、書類に記載されている本人確認コードを入力するだけです。管理画面から郵送依頼の送信を行ってください。簡易書留(転送不要)で郵送されます。不在の場合は不在票が投函されるので、配送時間を指定して再送してもらいましょう。ここまで行えば口座開設の手続きは完了です。

日本円の入金方法

口座開設が完了すれば、日本円を入金してビットコインなどの仮想通貨を売買できます。「日本円入金」ページから入金したい金額を入力して「入金開始」ボタンを押して下さい。 入金リクエストが受け付けられると、「振り込み名義書式」と「振込先」が表示されます。1日5万円を超える銀行振り込みは本人確認が必要になります。

Zaifで始めるビットコイン(仮想通貨)取引

Zaifは紹介したように口座開設までの手順がわかりやすく簡単にできます。あらかじめ本人確認書類を準備しておけば、10分程度でできてしまいます。ビットコインなどの仮想通貨を売買するのも簡単にでき、NEMやモナコインを扱っているのも魅力的です。手数料マイナス0.01%は業界最安なので、たくさん売買を行う方には嬉しい内容になっています。

無料口座開設はこちら

仮想通貨新着ニュース

さらにZaif(ザイフ)の記事をみる

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧