仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ブロックチェーン関連の事業を積極的に展開しているDMM.comグループ。今回はマイニング事業とスマートコントラクト事業を統括する川本氏にインタビューを行いました。

・プロフィール
株式会社DMM.com
クリプトマイニング事業部 事業部長
スマートコントラクト事業部 事業部長
川本 栄介氏

まずは御社のブロックチェーン事業の組織体制について教えて頂けますか?

DMMのブロックチェーン事業はマイニング事業、スマートコントラクト事業、取引所事業とあり、マイニング事業とスマートコントラクト事業を私が統括し、取引所事業はグループ内のDMM Bitcoinとネクストカレンシーが展開しています。

ブロックチェーンというと仮想通貨の取引所がフォーカスされがちですが、私たちは、仮想通貨に留まらず、ブロックチェーンの本質を追求したいと考えています。ブロックチェーンの根幹となるのは「プルーフ・オブ・ワーク」という取引の正確性を検証する作業で、この作業により仮想通貨をマイニングすることが可能になります。マイニング事業で収益をあげるのはもちろんのこと、その先にスマートコントラクトを用いたプロダクトやサービスの開発を見据えています。投機目的に留まらず、取引所の利用者が、実際に仮想通貨を使えるプロダクトが必要不可欠だと考えています。

なるほど、マイニング事業の利益をスマートコントラクトに投資していると聞きました

はい、その通りです。マイニング事業はゴールではないと考えています。スマートコントラクトはまだ概念でしかありませんし、スマートコントラクトを使ってサービスを成功させているところもありませんが、ブロックチェーンの本質、そして可能性を考えると今後ゲームチェンジできる分野があるはずですので、そこに先行投資していくべきだと思っています。そのための原資としてのマイニング事業があり、その収益をスマートコントラクト事業に投資する。この2つの事業には連続性があり、事業としての存在意義があります。

石川県金沢市にオープンしたマイニングファームの狙いを教えてください。

仮想通貨やマイニングの仕組みを目で見てもらい理解して頂く場を提供したかったからです。マイニングはブロックチェーンを維持する根幹であり、スマートコントラクト事業の理解を深めて頂くきっかけにもなると思います。

金沢市以外にマイニングの拠点はありますか?

海外・国内含め複数の拠点で展開を予定しています。公開しているのは金沢市のマイニングファームのみです。

マイニングマシンの研究開発を行う「DMMマイニングラボ」について教えてください。マシンは自社開発なのでしょうか?

自社開発は検討していますが、時間が掛かりますので、まずは他社製品を使ってマイニングマシンのチューニングを行っています。さまざまなマシンを仕入れて、日々検証を重ねています。

マイニングしている仮想通貨について教えてください。ビットコイン以外の仮想通貨も対象ですか?

はい、ビットコイン以外の仮想通貨も対象です。ASICとGPUでマイニングできる仮想通貨を満遍なく対象としています。ビットコイン以外だとイーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュなどが主です。

特定の仮想通貨に絞って注力する予定はありますか?

今のところはありません。仮想通貨は黎明期であり、どの仮想通貨が主役になるかはわからないため、仮想通貨ごとの動きに合わせて柔軟に対応していきたいと考えています。

マイニングした仮想通貨はDMM Bitcoinに供給するのですか?

はい、DMM Bitcoinはもちろんですが、他社も含めて供給を予定しています。

スマートコントラクト事業で既に具体化しているプロダクトはありますか?

スマートコントラクトは非常に幅広い分野に適用できますが、まずはライトに始められるところから考えています。例えば、民泊。宿泊施設の鍵をスマートキー化して仮想通貨払にし、チェックイン・チェックアウトをブロックチェーンに記録すれば、瞬時に決済が完了します。その他にも、DMMグループ内にIoTを中心としたモノづくりを行うDMM.make AKIBA があり、スマートコントラクトと相性が良いとされるIoTとの可能性を探っています。例えば、IoTでデバイスが取得した情報を使ってスマートコントラクトを用い、自動的にサービスの契約を執行する場合、そこで発生するサービスの決済手段として仮想通貨を用いることもできます。

DMMの既存事業、新規事業、どちらも関係なく、さまざまな面からプロダクト化検討をしています。

なるほど、いつまでにプロダクトを発表するなど、目標はありますか?

はい、2018年内に一つ以上のプロダクトを発表したいです。2018年は社会全体として投資のフェーズであると思いますが、成功するか否かにかかわらず、各社がさまざまなプロダクトを発表するかと思います。

楽しみにしています。スマートコントラクト事業はどのような組織体制なのですか?

スクラム開発を考えています。プロダクトオーナーを中心にチームを作り、プロダクトが発展していけば、スマートコントラクト事業部から外れ、一つの事業部として発展させていく想定です。ただ、何がスケールするかはわかりませんので、まずはプロダクトをリリースして市場の反応を見るところから始めていきたいです。

今後、スマートコントラクトの開発を他社に提供する予定はありますか?

私たちがプラットフォームを開発して提供するなどはあり得ると思います。ただ、あくまでも私たちが事業の主体としてサービスを展開していきたいので、他社プロダクトの開発を行うなどは考えていません。

独自トークンを発行してICOを実施する可能性はありますか?

可能性としてはありますが、『DMMコイン』のようなトークンを発行するという単純な発想ではなく、「そのトークンの価値は何なのか?」という点をしっかりと考えたうえで、ICOを実施するで必要があると考えています。独自のトークンエコノミーを作ることができるのがICOの本質だと思っています。トークンは誰にでも簡単に発行できますが、トークンで何ができるかが非常に重要です。

インタビューを終えて

今回はDMM.comグループのマイニング事業とスマートコントラクト事業を統括する川本氏にインタビューを行いました。ブロックチェーンに本気で取り組むために、(決済に限らず)仮想通貨を使うスマートコントラクト事業に力を入れている印象でした。未開の領域ではありますが、そこに挑戦する意義は大きく、ブロックチェーンエンジニアにとってもわくわくする環境ではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧