投資

ビットコインの投資に関する情報を紹介しています。ビットコインはさまざまな活用法がありますが、投資目的で利用することが最も多いです。ビットコイン投資のやり方や市況を理解するのにお役立てください。

投資に関連するキーワード

レバレッジ取引 アービトラージ ビットコインETF 為替相場 積立 FX 金利 自動売買 ICO テクニカル分析
>>投資に関連するキーワード一覧

投資のコラム一覧

QUOINEX(コインエクスチェンジ)、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始

QUOINEX(コインエクスチェンジ)、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始

仮想通貨取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)は、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始します。発行されるトークンはQASH(キャッシュ)。1QASH=0.001ETHで販売され、オファー数量は500,000,000QASHとなっています。


【ビットコイン取引】日本円での取引割合が65%超に。

【ビットコイン取引】日本円での取引割合が65%超に。

ビットコインは円、ドル、ユーロなどさまざまな通貨で取引することができますが、最も大きな割合を占めるのが日本円です。2017年までは中国の人民元が9割以上を占めていましたが、規制により取引量が減少。日本円の存在感が際立ち始めています。


テックビューロ、CMSトークンとZAIFトークンのロックアップ計画を発表

テックビューロ、CMSトークンとZAIFトークンのロックアップ計画を発表

テックビューロは発行済みのZAIFトークン総数の25%と、COMSAのトークンセール終了後に発行予定のCMSトークン総数の33%について、エスクロー契約を用いたロックアップ(隔離)の計画を発表しました。


改めて感じる「仮想通貨投資は余裕資金で」の重要性

改めて感じる「仮想通貨投資は余裕資金で」の重要性

投資は余裕資金で行うのが基本です。仮想通貨投資も例外ではなく、余裕資金で行うことが推奨されています。特に仮想通貨の場合は、他の投資よりもボラティリティが大きいため、余裕資金の重要性が増します。7月と9月の相場暴落により、この重要性を改めて認識した方も多いのではないでしょうか。


仮想通貨価格の値動きが気になって仕方ない時の対処法

仮想通貨価格の値動きが気になって仕方ない時の対処法

仮想通貨投資を始めると値動きが気になってしまい、チャートを頻繁に確認してしてしまうことがあります。ひどくなると仕事中も仮想通貨のことばかり考えてしまい本業に集中できないことも。そんな時は自分でルールを決めて対処する必要があります。


COMSAトークンのICO登録方法や購入方法

COMSAトークンのICO登録方法や購入方法

2017年10月2日からCOMSAトークンのICO(トークンセール)が開始されました。ICOは11月6日まで開催されています。既に購入した方もまだ迷っている方もいるかと思いますが、参考としてCOMSAトークンのICO登録方法や購入方法を紹介します。


仮想通貨のフラッシュクラッシュとは。

仮想通貨のフラッシュクラッシュとは。

フラッシュクラッシュとは瞬間的に価格が急落することです。株式市場においても起きる現象ですが、仮想通貨の場合はサーキットブレーカー制度などがなく、流動性も低いため、顕著なフラッシュクラッシュを起こすケースがあります。


単純売買だけでない。仮想通貨の特殊な投資方法

単純売買だけでない。仮想通貨の特殊な投資方法

投資は安く買って高く売ることが基本です。仮想通貨投資においてもこれが最もシンプルな方法になります。ただ、他にも特殊な投資方法が複数存在します。中には仮想通貨ならではの投資方法もありますので、挑戦してみてもいいかもしれません。


仮想通貨のホワイトリスト。多くが認められる結果に

仮想通貨のホワイトリスト。多くが認められる結果に

2017年9月29日、金融庁から仮想通貨交換業者登録の発表がありました。第一弾として11社が認可され、各社が取り扱う仮想通貨も発表されました。これらの仮想通貨が以前から話題になっていた俗に言うホワイトリストになります。


仮想通貨の大口取引は相対取引(販売所)が向いている理由

仮想通貨の大口取引は相対取引(販売所)が向いている理由

仮想通貨取引は大きく相対取引と取引所取引があります。相対取引は販売所、取引所取引は取引所と呼ばれています。どちらもメリット・デメリットがありますが、大口取引は相対取引(販売所)の方が向いており、使いやすいです。


AnyPayのICOコンサルティング、BreadとDrivezyの2社がICO実施を発表

AnyPayのICOコンサルティング、BreadとDrivezyの2社がICO実施を発表

AnyPay株式会社がICOコンサルティングを実施した仮想通貨ウォレットアプリを開発・運用するBread(ブレッド)と自動車・二輪車のシェアリングプラットフォームを提供するDrivezy(ドライブジー)の2社がICOを実施することを発表しました。


サイトへのアクセスと仮想通貨相場の相関

サイトへのアクセスと仮想通貨相場の相関

当サイトビットコインラボは運営開始から7、8ヶ月経過しました。通常WEBサイトはコンテンツが増加するほどアクセスも増加する傾向にありますが、当サイトに関してはあまり当てはまりません。比較的相場に左右される傾向があるようです。


OTC取引(相対/店頭取引)とは?

OTC取引(相対/店頭取引)とは?

OTC取引とは相対や店頭取引とも呼ばれ、売り手と買い手が1対1で取引を行うことです。仮想通貨は取引所取引が一般的ですが、OTC取引ができる取引所もあります。OTC取引の概要やメリット・デメリットについて紹介します。


投機市場の必要性。ビットコイン(仮想通貨)はまだまだ小さい

投機市場の必要性。ビットコイン(仮想通貨)はまだまだ小さい

ビットコイン(仮想通貨)は投機だ、バブルだ、そんな声は毎日至るところから聞こえてきます。しかし、投機は必ずしも悪ではなく流動性を高めるために必要不可欠です。また、投機市場としてビットコイン(仮想通貨)はあまりに小さいです。


ビットコインの避難先を考える

ビットコインの避難先を考える

分散投資は投資の基本と言われます。特にリスク分散をはかる上では欠かせません。仮想通貨においても例外ではありませんが、ビットコインを中心に価格が変動している傾向があり、避難先を見つけるのが難しい側面もあります。


仮想通貨の時価総額や取引量が確認できる「coinmarketcap.com」の見方や使い方

仮想通貨の時価総額や取引量が確認できる「coinmarketcap.com」の見方や使い方

仮想通貨の情報を調べる上で時価総額や取引量のチェックは重要です。さまざまなサイトがありますが、最も有名なサイトとしてcoinmarketcap.comが挙げられます。見方や使い方を中心に紹介します。


ビットコイン(仮想通貨)に否定的なニュースについて考えてみる

ビットコイン(仮想通貨)に否定的なニュースについて考えてみる

ビットコインなどの仮想通貨に対し、否定的なニュースはよく散見されます。本質的にはあまり関係ないにも関わらず、仮想通貨が絡められてしまうこともよくあるものです。今回はそんなニュースに対し考えてみたいと思います。


ビットコインのファンダメンタルズとは

ビットコインのファンダメンタルズとは

ファンダメンタルズとは「経済の基礎的条件」と訳されます。株式投資において当たり前に登場する言葉で、企業の売上高や利益などの財務状況、国家の経済成長率や物価上昇率などが主なファンダメンタルズとなります。では、ビットコインのファンダメンタルズは何なのでしょうか?


中国不在後、仮想通貨取引の主役は日本?

中国不在後、仮想通貨取引の主役は日本?

中国金融当局によるICO禁止や取引所規制の影響により、中国の仮想通貨取引量は減少しています。2017年当初の規制により大きく減少しましたが、更に中国の影響力は小さくなった印象です。今後、仮想通貨取引の主役は日本になるかもしれません。


ビットコイン価格とアルトコイン価格の連動性について

ビットコイン価格とアルトコイン価格の連動性について

ビットコイン価格とアルトコイン価格は連動して動くことが多いです。例外はあるものの、ビットコインが上昇トレンドの際はアルトコインも上昇トレンドであり、逆の場合も然りです。