投資

ビットコインの投資に関する情報を紹介しています。ビットコインはさまざまな活用法がありますが、投資目的で利用することが最も多いです。ビットコイン投資のやり方や市況を理解するのにお役立てください。

投資に関連するキーワード

レバレッジ取引 アービトラージ ビットコインETF 為替相場 積立 FX 金利 自動売買 ICO テクニカル分析
>>投資に関連するキーワード一覧

投資のコラム一覧

2018年から始める仮想通貨投資。どのような戦略が求められる?

2018年から始める仮想通貨投資。どのような戦略が求められる?

仮想通貨がテレビや新聞など大手メディアで取り上げられるようになり、仮想通貨投資に関心を持つ方が増えています。実際、私の友人を見てみても、1年前は全く関心を示していませんでしたが、最近は頻繁に質問が来ます。では、2018年から始める仮想通貨投資には、どのような戦略が求められるのでしょうか。


【2018年】仮想通貨ランキング。時価総額トップ10通貨の特徴や価格推移

【2018年】仮想通貨ランキング。時価総額トップ10通貨の特徴や価格推移

仮想通貨は価格と供給量を掛けて時価総額が算出されています。2018年1月現在、仮想通貨の種類は1,400種類を超えており、時価総額のランキングは価値や将来性を判断する一つの基準となっています。2018年最新の仮想通貨ランキングを紹介します。


1,300種類を超える仮想通貨。何に投資すればいいのか?

1,300種類を超える仮想通貨。何に投資すればいいのか?

仮想通貨の種類は1,300種類を超えています。これだけ種類があると何に投資していいかわからなくなりますが、結論としてはある程度絞り込んで決めるしかありません。投資する基準などを中心に紹介します。


【仮想通貨投資】「握力」を高める方法は?

【仮想通貨投資】「握力」を高める方法は?

仮想通貨相場は波があるものの右肩上がりで成長していることもあり、保有し続ける「握力」が大事と言われます。しかし、下落するとこのまま価格が戻らないのではないか、上昇すると早めに利益を出しておきたいといった気持ちになり、なかなか長期間保有し続けるのは難しいことです。握力を高める方法はあるのでしょうか。


原資を抜いておく仮想通貨投資は正しいか

原資を抜いておく仮想通貨投資は正しいか

仮想通貨はボラティリティが大きく、含み益が出た段階で「原資を抜いておく」方法をおすすめしている場合があります。もちろんメリットもあるわけですが、デメリットも考えておかないといけません。


米国・中国 (香港)、仮想通貨投資をしている割合が10%を超える。(MONEXグローバル個人投資家サーベイ)

米国・中国 (香港)、仮想通貨投資をしている割合が10%を超える。(MONEXグローバル個人投資家サーベイ)

マネックス証券株式会社は第24回となる「MONEX グローバル個人投資家サーベイ」を実施しました。「仮想通貨」への投資経験や意欲の調査では、前回よりも投資している割合が増え、米国・中国(香港)では10%を超える個人投資家が「既に投資している」と回答しました。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


日本仮想通貨事業者協会がICOへの対応を発表

日本仮想通貨事業者協会がICOへの対応を発表

主要な仮想通貨取引所が会員となっている日本仮想通貨事業者協会は、「イニシャル・コイン・オファリングへの対応について」と題したICOへの対応を発表しました。内容を紹介します。


今後予定されるビットコインのハードフォーク一覧

今後予定されるビットコインのハードフォーク一覧

ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、ビットコインダイヤモンドとビットコインからハードフォークした仮想通貨の取引が開始されていますが、今後も複数件のハードフォークが予定されています。今後予定されるビットコインのハードフォーク一覧をまとめました。


COMSA「CMSトークン」のZaifでの売買方法

COMSA「CMSトークン」のZaifでの売買方法

12月4日、ICOを経たCOMSAのCMSトークンがZaif取引所に上場しました。取引開始直後は高騰する場面もありましたが、現在は落ち着きICO価格とほぼ変わらない価格で取引がされています。CMSトークンのZaifでの売買方法を紹介します。


CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)、ビットコイン先物を12月18日に上場

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)、ビットコイン先物を12月18日に上場

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)は12月18日にビットコイン先物を上場すると発表しました。CBOE(シカゴ・オプション取引所)も近く具体的な日程を公表するようです。


ICOと仮想通貨相場の関係

ICOと仮想通貨相場の関係

Initial Coin Offering=ICOが注目されています。ICOは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。短期間で数十億円や数百億円を集めるプロジェクトも存在していますが、仮想通貨相場との関係性は見逃すことができません。


【仮想通貨投資】AI(人工知能)の価格予想を信頼できる?

【仮想通貨投資】AI(人工知能)の価格予想を信頼できる?

AI(人工知能)は投資の世界で存在感を増しています。AIが銘柄を選択する投資信託の運用が開始されるなど、証券会社やIT企業を中心にサービス開発も活発です。仮想通貨の世界でも元マイクロソフト技術者が開発したウェブ・ボットが価格予想をするなど話題になっています。


COMSA、CMSトークン配布を11月30日から開始予定

COMSA、CMSトークン配布を11月30日から開始予定

ICOプラットフォームCOMSAが、CMSトークン受取用アドレスの登録や配布に関するアナウンスを行いました。11月27日にCMSトークン受取用アドレスの登録が開始される予定で、11月30日からCMSトークンの配布が開始される予定です。


海外投資家は強気?高値まで売却しない投資家が多数

海外投資家は強気?高値まで売却しない投資家が多数

学生ローン情報サイト「Lend EDU」がビットコインに投資をしたアメリカ人564人を対象とした世論調査を行いました。「いくらでビットコインを売却する予定ですか?」という質問では、19.6万ドルが平均の数字となり、更なる上昇期待があることがわかります。


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


【仮想通貨の一覧】チェックする方法や分類方法

【仮想通貨の一覧】チェックする方法や分類方法

2017年11月現在、仮想通貨は1,300種類ほど存在しています。全ての内容を理解することは不可能に近く、投資をする際はある程度絞り込んでから詳細を調べていく必要があります。今回は仮想通貨の一覧をチェックする方法や分類方法を紹介します。


「利小損大」の仮想通貨投資にならないために

「利小損大」の仮想通貨投資にならないために

大きな利益を出し損失を最小限に抑える「利大損小」が投資の理想です。しかし、「利小損大」となるケースは多く、投資で成功することは簡単ではありません。仮想通貨は値上がりが続いていていますが、利小損大の投資になるリスクもあります。


【2017年】ビットコインとアルトコイン保有、どちらが正解だったのか。

【2017年】ビットコインとアルトコイン保有、どちらが正解だったのか。

2017年は仮想通貨市場にとっては大きな飛躍の年となりました。投資家が急増し、主要な仮想通貨は年初から比べると軒並み高騰しています。では、ビットコインとアルトコインどちらに投資するのが正解だったのでしょうか。比較してみました。