仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

住信SBIネット銀行はSBIグループのネット銀行です。仮想通貨取引に適した銀行として知られています。理由は主な仮想通貨取引所への振込手数料が無料で、リアルタイムに入金が反映されるためです。

目次

  • 仮想通貨取引に適した銀行「住信SBIネット銀行」
  • 住信SBIネット銀行、その他のメリット
  • 住信SBIネット銀行の利用を検討してみては

仮想通貨取引に適した銀行「住信SBIネット銀行」

住信SBIネット銀行はSBIグループのネット銀行です。仮想通貨取引に適した銀行として知られています。理由は主な仮想通貨取引所への振込手数料が無料で、リアルタイムに入金が反映されるためです。なぜ振込手数料が無料かというと、主な仮想通貨取引所の振込先に、住信SBIネット銀行が採用されているからになります。例えば、bitFlyer、coincheck、Zaifなどです。

嬉しいリアルタイム入金

一般の銀行から仮想通貨取引所の口座に入金する際は、銀行の営業時間に左右されます。例えば、15時を過ぎてしまった場合、入金が反映されるのは翌日です。金曜の15時以降なら翌月曜日になってしまいます。仮想通貨相場は変動が激しく、暴落した際などは追加購入のニーズが出てきます。そうした際にリアルタイム入金は便利なものとなるでしょう。

コンビニ入金なども便利だが

仮想通貨取引所によっては、コンビニ入金やペイジー入金によってリアルタイム入金ができる場合もあります。非常に便利なサービスですが、手数料がかかる点とコンビニまで行く手間がかかります。ネット銀行であれば、パソコンやスマホから簡単に入金手続きができるため、より便利な方法と言えるでしょう。

住信SBIネット銀行、その他のメリット

住信SBIネット銀行は、ランクに応じて月最大15回までとなりますが、ATM手数料・他行宛振込手数料も無料となっています。キャッシュカードとVisaデビットカードが一枚になっている点もメリットと言えるでしょう。

新規口座開設で2,000円相当のポイントをプレゼント中

現在、新規口座開設で2,000円相当のポイントがプレゼントされるキャンペーンも開催されています。口座開設月の3ヵ月後(開設月を除く)の末日までに以下の条件を満たした方が対象になります。

1:Visaデビットを合計5,000円以上ご利用
2:給与受取サービスをご利用

住信SBIネット銀行の利用を検討してみては

住信SBIネット銀行は、主な取引所において手数料無料でリアルタイム入金できることから、仮想通貨取引に適した銀行として知られています。仮想通貨を購入したい際に、取引所口座に日本円がないと入金までに時間が掛かる可能性があるので、リアルタイムに入金できる手段を持っておくことは重要かもしれません。

住信SBIネット銀行の口座開設はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧