仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2018年1月中旬から、仮想通貨相場は下落が続いています。ビットコインは昨年200万円を突破しましたが、現在は110万円~130万円程度で推移している状況です。このような相場において、長期保有者が取れる手段はあるのでしょうか?

目次

  • 仮想通貨の下落相場
  • 売却も一つの方法
  • 仮想通貨のレンディング
  • 下落相場で出来ることを考える

仮想通貨の下落相場

2018年1月中旬から、仮想通貨相場は下落が続いています。ビットコインは昨年200万円を突破しましたが、現在は110万円~130万円程度で推移している状況です。仮想通貨の長期保有を決めている方にとって、こうした下落相場は不安が大きいでしょう。含み益が出ているうちに売却するべきかなど、さまざまな考えが頭によぎります。

売却も一つの方法

仮想通貨の世界では、いわゆる「握力」が重要と言われますが、売却することも一つの方法です。下落相場において価格がいつ回復するかはわかりませんし、回復する保証もありません。含み益が出ていれば利益を確定させておく。含み損が出ていれば早めに損切りをしておくことは、時に正しい決断になることもあります。

日本円をどんどん追加して投資できる方は別ですが、長期保有している場合新たな機会に参加できない可能性が出てきます。例えば上昇トレンドの仮想通貨を早めにキャッチできても手元に資金がないため動けません。当然機会には乗れないことの方が多いですので、どちらがいいかの判断は難しいですが、長期保有をすることで機会損失が発生する可能性があることは頭に入れておいて損はないでしょう。

仮想通貨のレンディング

仮想通貨の長期保有者にとって有難いサービスがレンディングです。これは保有している仮想通貨を貸し出すことで、金利を得ることができるサービスになります。国内取引所では、coincheckが「貸仮想通貨サービス」として提供しています。貸出期間と年率は以下の通りです。

14日間:年率1%
30日間:年率2%
90日間:年率3%
365日間:年率5%

最大年率は5%になります。仮想通貨のボラティリティからすると物足りない感じもしますが、広く投資で考えると年率5%は悪くありません。ただし、貸し出している間は仮想通貨の売却をすることはできませんので注意が必要です。なお、coincheckの貸仮想通貨サービスは、coincheckが扱う13種類全ての仮想通貨に対応しています。

coincheckの詳細はこちら

下落相場で出来ることを考える

長期保有者にとって仮想通貨の下落相場は、日々資産が減っていき気が滅入ります。ただ、相場に一喜一憂していても何も起こりませんので、下落相場でも出来ることを考えることが重要です。また、投資は余裕資金で行ってください。上昇相場で感じることはありませんが、下落相場では余裕資金で投資する重要性が身に沁みます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧