仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨投資といってもさまざまな方法があるわけですが、比較的手堅くローリスクな方法として浸透しているのが「積立投資」です。積立投資とは何なのか、なぜ仮想通貨と積立投資の相性が良いのかなど、解説します。

目次

  • 積立投資とは
  • 積立投資を提供するZaif
  • 投資なので損失を出す可能性も

積立投資とは

積立投資とは、毎月決まった金額で同じ商品をコツコツと買っていく投資方法です。金(ゴールド)や投資信託などでよく使われる投資方法ですが、仮想通貨でも実践することができます。

積立投資のメリットは、短期的な相場に影響を受けないことです。毎月決まった金額を投資するため、価格が安い時は多くの量を購入し、価格が高い時は少ない量を購入することになります。つまり価格変動を吸収できるわけです。他にも時間に縛られない、一度にまとまったお金が必要にならないなどのメリットがあります。

デメリットは、長期的に価格上昇しないと損をしてしまう可能性があることです。積立投資開始後に下落を続ければ当然元本割れとなります。また、成果が出るまである程度の期間を要する点もデメリットと言えるかもしれません。

仮想通貨と積立投資

仮想通貨が積立投資と相性が良いのは、長期的に価格上昇しているためです。仮想通貨はボラティリティが大きく暴落もよくありますが、1年など長期で見ると数倍~数十倍になっています。2018年以降どうなるかわかりませんが、昨年までの例で考えれば利益を出せる可能性が高いと言えます。

積立投資を提供するZaif

積立投資は自身で計画を立てて毎月決まって金額を買い付けていくことも可能ですが、価格が高すぎるから買いたくないなど相場の影響を受けてしまう可能性が高いため、機械的に行うことがおすすめです。国内で唯一、積立投資サービスを提供している仮想通貨取引所がZaifになります。

Zaifコイン積立というサービスで、銀行口座から毎月固定額が自動引き落としされ、希望の金額を積み立てることができます。具体的には毎月27日に引き落とし、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎に指定の仮想通貨を買付け、積み立てを行う内容です。積立可能な仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、NEM、モナコインの4種類。積立額は毎月1000円から設定が可能です。

Zaifの詳細はこちら

投資なので損失を出す可能性も

積立投資は比較的ローリスクであり、長期的に価格上昇している仮想通貨と相性が良いです。仮想通貨はボラティリティが大きく、短期的なトレードはしたくないという方にも向いているかもしれません。しかし、積立投資といえど投資なので損失を出す可能性はあります。メリット・デメリットをしっかり理解したうえで実践してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧