仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨は投機以外の利用用途がないという指摘はよくあります。確かに主な利用用途として考えられている「決済」において普及するには、もう少し時間が掛かるでしょう。しかし、Dapps(分散型アプリケーション)が普及し、仮想通貨(トークン)を当たり前のように利用する時代はすぐそこまで来ています。

目次

  • 投機の印象が強い仮想通貨
  • Dapps(分散型アプリケーション)の利用が進む
  • 巨大プラットフォームも動き出す
  • 仮想通貨(トークン)を当たり前に利用する時代

投機の印象が強い仮想通貨

仮想通貨は投機。そんな印象を持っている方は少なくないかもしれません。確かに2017年の状況を見ると、投機が多いことは否定できず、値上がり益を期待して始めている方も多いでしょう。主な利用用途として考えられている「決済」において普及するには、もう少し時間が掛かることも間違いありません。しかし、2018年は仮想通貨の利用が進む年になる可能性は大いにあります。

Dapps(分散型アプリケーション)の利用が進む

2018年はDapps(分散型アプリケーション)が普及し、仮想通貨(トークン)を当たり前のように利用することになるかもしれません。皆さんもCryptoKittiesなどイーサリアムのブロックチェーン上で展開される分散型アプリゲームがかなり流行していることはご存知だと思います。

キーワードはWEB3.0

Dappsにおいてキーワードとなりそうなのが、「WEB3.0」です。WEB2.0では、高速インターネットが双方向のやりとりを可能にし、facebook、twitter、YoutubeなどSNSを中心としたサービスが生まれ世の中を変革しました。しかし、巨大プラットフォームが情報を全て握り、ハッキングなどのリスクに常に晒されています。

WEB3.0はさまざまな定義がありますが、ブロックチェーンにより非中央集権を実現しオペレーションが自動執行される、個人がデータを管理する、アプリケーションの利用に際してトークンを利用するなどが大きなキーワードとなります。

既にさまざまなサービスが展開

WEB3.0と言われるサービスは既に多数展開されています。facebookなどSNSの分野ではsteemit、Dropboxなどファイル共有の分野ではStorjやSiacoin、Internet ExplorerやGoogle Chromeなどウェブブラウザの分野ではBrave、LINEなどメッセージアプリの分野ではStatusと挙げればキリがないほどです。WEB2.0が急速に普及したように、こうしたサービスが普及する可能性は十分にあります。

【PR】安定した収入を得ながら資産形成ができる「アパート経営」のすすめ

巨大プラットフォームも動き出す

WEB3.0が普及する兆しがある中、WEB2.0の巨大プラットフォームも動き出しています。facebookの代表であるザッカーバーグ氏は、仮想通貨やブロックチェーンなどの新技術を研究しfacebookに活用できるか検討すると述べていますし、WEB3.0への流れは避けらないものと感じます。今年中にあるかはわかりませんが、facebookなどのプラットフォームが非中央集権化する動きやDappsを提供する企業を買収する動きなどは出てくるのではないでしょうか。

仮想通貨(トークン)を当たり前に利用する時代

仮想通貨は決済手段として普及するよりも、Web3.0を中心としたDappsが普及し利用されるようになるのではないでしょうか。Dappsによりトークン経済圏が構築されていけば、当然決済を主目的とした仮想通貨に交換し利用するといったことも進みます。仮想通貨(トークン)を当たり前に利用する時代はそんなに遠い未来ではないかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧